痴漢・五十嵐薫のフェイスブックを特定?!日大卒の既婚者だった?!

五十嵐薫

電車内で痴漢行為を行った五十嵐薫容疑者に注目が集まっていますね。

五十嵐薫容疑者は帰宅ラッシュの埼京線内で20代の女性にわいせつな行為をした容疑が掛けられています。

では、五十嵐薫容疑者とは一体どんな人物なのでしょうか?

調べてみました!

スポンサーリンク

JR埼京線・電車内で女性に“わいせつ”43歳男を逮捕

2021年10月21日、JR埼京線内で20代の女性にわいせつな行為を行ったとして五十嵐薫容疑者が逮捕されました↓

五十嵐薫

事件が起こった埼京線。

帰宅ラッシュの電車内で、女性にわいせつな行為をした疑いで、自称・自営業の男が逮捕された。 五十嵐薫容疑者(43)は2021年8月、JR埼京線の車内で、女性(20代)の下着の中に手を入れるなど、わいせつな行為をした疑いが持たれている。

FNNプライムオンライン様より引用

警察の取り調べに対し五十嵐薫容疑者はそこまでしていませんが触ったのは事実ですと供述しているとの事。

五十嵐容疑者の指からは女性のDNA型が検出されているそうです。

この報道に世間からは以下のような声が挙がっています↓

DNAが検出されるくらい触るってすごいな。
女性のためにも、ご本人のためにも厳しく罰してあげてください。
もう、ぐうの音も出ない客観的な証拠ですね、DNAって。言い逃れさせない、冤罪を起こさない。
こういった輩は再犯の可能性が非常に高い。再犯防止策を徹底して法整備するべき。

厳罰を望む声や、法整備を行うべきだとの声が挙がっていますね。

埼京線一時期、悪の代名詞になってしまう程同様の被害が多発していたそう。

現在は防犯カメラが設置されており、その映像が逮捕の決め手となったようです。

では、この五十嵐薫容疑者とは一体どんな人物なのでしょうか?

調べてみましたのでご覧下さい。

 

五十嵐容疑者はどんな人物?

五十嵐薫 フェイスブック

名前:五十嵐薫

年齢:43歳

居住地:東京都国立市

職業:自称・自営業

五十嵐容疑者は、2021年8月JR池袋駅から板橋駅の間を走行中の埼京線の車内で、

帰宅途中の女性(20代)に痴漢をした疑いが持たれています。

調べによると、五十嵐容疑者は、電車が出発すると、すぐに女性が着ていたロングスカートをたくし上げ、太ももに手を伸ばした。そこから犯行はエスカレート。下着付近を触った後、その手は下着の中へ。被害者の女性は、最初、声を上げることができなかったという。

FNNプライムオンライン様より引用

被害に遭われた女性はとても恐い思いをされた事と思います…

しかし、被害に遭った女性は泣き寝入りしなかったようです。

FNNプライムオンライン様より引用

勇気を振り絞った被害者の女性と、勇敢な男性が追いかけた事で無事逮捕に繋がったという事ですね。

こんな卑劣な事をするなんて本当に信じられません…

更に色々と調査を続けた所、

五十嵐薫容疑者のものとみられるフェイスブックアカウントを発見しました。

その内容を見るとなんとも衝撃的な事実が書かれていました…

 

スポンサーリンク

五十嵐薫容疑者と思われるフェイスブックアカウントを特定

そのアカウントがこちら↓

五十嵐薫

名前・年齢・性別・居住地が一致しています。

今回逮捕された五十嵐薫容疑者のアカウントである可能性が極めて高いのではないでしょうか。

もしこのアカウントが今回逮捕された五十嵐薫容疑者のアカウントであれば驚くべき事実が記載されています。

それは、2017年結婚しており既婚者だったという事。

愛する妻が居ながらこのような卑劣な犯行に及ぶとは…

しかも出身校は日本大学。

日本大学を出て仕事に専念し、2017年に結婚したにも関わらず痴漢で逮捕…

一体五十嵐薫容疑者の人生に何があったのでしょうか。

五十嵐薫容疑者は容疑を一部否認しています。

調べに対して五十嵐容疑者は「パンツの中に手を入れたりまではしていませんが、女性を触ったことは間違いありません。」と供述している。

FNNプライムオンライン様より引用

痴漢行為に関しては認めているが、パンツの中には手を入れていないという謎の言い訳…

女性を触るだけならわいせつな行為にならないと思っているのでしょうか。

不思議でなりません。

犯行の動機が解明される事が待たれますね。

あとがき

いかがでしたか?

今回はJR埼京線の電車内でわいせつな行為をしたとして逮捕された五十嵐薫容疑者について調べてみました。

このような事件が起こらないよう、JR側にも更なる対策が求められますね。

それでは、今回はこの辺りで失礼します(^^)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA