篠塚孝哉の会社に居る元女子アナウンサーは大木優紀!2人の関係は如何に…

スポンサーリンク

元テレビ朝日アナウンサーの大木優紀さんに注目が集まっていますね。

現在令和トラベルの広報を務めている大木優紀さん。

大木さんは一体いつから令和トラベルに努めていたのでしょうか?

調査してみました!

スポンサーリンク

大木優紀さんのプロフィールと経歴

元テレビ朝日アナウンサーの大木優紀さん。

  • 名前:大木優紀(おおきゆうき)
  • 生年月日:1980年12月12日
  • 出身地:千葉県浦安市
  • 血液型:A型
  • 最終学歴:慶應義塾大学経済学部

大木優紀さんは2003年にアナウンサーとしてテレビ朝日に入社しました。

アナウンサー時代はアイドル的な人気を誇っており数々の番組を担当されています↓

  • くりぃむナントカ
  • シルシルミシル・ナレーター
  • やじうまプラス
  • 日曜スクープ
  • GET SPORTS
  • スーパーJチャンネル

その後2010年5月に年上の一般男性との結婚を発表。

2013年5月26日には第1子となる女児を出産します。

出典:大木優紀さんFacebook

それから2年後の2015年12月26日には第2子が誕生。

アナウンサーとしても1人の女性としても順風満帆な人生を歩んでいました。

その後もテレビ朝日のアナウンサーとして活躍を続けて来た大木優紀さんですが、

2021年12月に突如テレビ朝日を退社することが発表されました。

なんと、2022年1月に令和トラベルに転職をする事になったのです。

テレビ朝日の看板アナウンサーから転職するのにはかなりの勇気がいる行動だったでしょう。

 

スポンサーリンク

大木優紀さんはなぜ令和トラベルに転職をした?

大木優紀さんは令和トラベルに転職した理由を以下のように答えています↓

令和トラベルの大木優紀さんの名刺。

40歳になり、今まで一生懸命に登っていた山の頂上が見えた気がして。そこで「人生の折り返し地点に立ち、残りの数十年で何をやり切りたいか、自分はどう生きたいか」を真剣に考えたことが、新しい道に踏み出す後押しになったんだと思います。

おかねチップス様より引用

18年という長い期間をテレビ朝日で勤め上げた大木優紀さんは、

人生の節目を迎えてご自身の生き方を模索したようですね。

アナウンサーは華やかなではあるものの、かなり制限の掛かる仕事である事は間違いないでしょう。

本当の自分で居られる時間というものも短かったのかもしれません。

また、転職の決め手となったのは令和トラベルの社長である篠塚孝哉氏の言葉にあったようです。

令和トラベルの社長、篠塚孝哉氏。

弊社代表の篠塚孝哉が2021年4月の創業時に書いたnoteをたまたま目にしたのがきっかけです。コロナ禍で海外旅行が縮小しているにも関わらず、国内旅行ではなく海外旅行事業にあえて参入するという逆張りの発想に心打たれたんです。なんだか投資みたいでワクワクして。それまで、テレビ朝日もアナウンサーも辞めるなんて考えたこともなかったんですけど、両立はできないので退社を決意しました。

おかねチップス様より引用

経営者である篠塚孝哉氏の手腕に惹かれ令和トラベルへの転職を決めたようですね。

テレビ朝日アナウンサーという誰もが羨む場所を手放す程の魅力が、

篠塚孝哉氏にあったという事なのかもしれません。

スポンサーリンク

大木優紀さん不倫騒動に巻き込まれる。

元テレビ朝日アナウンサーの大木優紀さん。

不倫疑惑から離婚調停に発展、子供をめぐる親権争いが世間を賑わせている篠田麻里子だが、ここにきてトラブルが過熱。夫が篠田の不倫相手を提訴したと「文春オンライン」が伝えると、12月26日には「デイリー新潮」が、篠田と夫の話し合いの内容を、録音をもとに公開。騒動はドロ沼と化している。

FLASH様より引用

この騒動で篠田麻里子さんの不倫相手とされているのが、令和トラベルの社長である篠塚孝哉氏。

今後この不倫騒動が訴訟に発展すれば篠塚孝哉氏の名前が公に出る事になりますので、

マスコミや週刊誌などから対応を迫られることになるのは確実でしょう。

大木優紀さん自身も篠塚孝哉氏の想いに惹かれ転職をしていますので、

お二人の関係は大丈夫なのかと勘繰りたくなってしまいますが…

こちらは無駄な心配で終わる事を願いたいですね。

スポンサーリンク

あとがき

いかがでしたか?

今回は元テレビ朝日アナウンサーの大木優紀さんについてまとめました。

心機一転、令和トラベルで頑張っている大木優紀さん。

今後のご活躍に期待したいですね。

それでは、今回はこの辺りで失礼します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA