スポンサーリンク

大場大稀容疑者の顔画像やフェイスブックは?世間からは同情の声が多数…

大場大稀 顔画像 フェイスブック 自宅
スポンサーリンク

宮城県名取市で男性が車にはねられる事故が発生し注目を集めています。

この事件で大場大稀容疑者24歳が逮捕されました。

では、大場容疑者とは一体どのような人物なのでしょうか?

調べてみました。

スポンサーリンク

宮城県名取市の道路で男性が車にはねられ意識不明の重体。

大場大稀 顔画像

事故が発生した現場。

29日夜、名取市の県道で男性が乗用車にはねられ、頭などを強く打つ大けがをしました。警察は、乗用車を運転していた24歳の会社員の男を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

引用:東北放送

この報道に対して世間からは次のような声が挙がっています。

女性
女性
私も名取市で田舎道を深夜歩いてる人がいて、気付くのが遅くなった事があります。事故にはなりませんでしたが「えっ、こんな夜中にこんな道を何で」って感じでした。街灯も少なく歩道がない道路だとライトや反射板等は着けて歩いて頂けると有り難いです。
男性
男性
怪我した方には申し訳ないけど。
夜は真っ暗だから、明るい服なり来てほしいし
道路の真ん中を歩いてほしくない。
男性
男性
速度計とは言い訳でスマホ見てたんだろ?それかナビを見てたとか。言い訳すんなや!

世間の声は大場容疑者と歩行者の両方へ批判が上がっている状況ですね。

では、大場容疑者とは一体どのような人物なのでしょうか?

 

大場大稀容疑者はどんな人物?

※画像はイメージです。

  • 名前:大場 大稀(おおば だいき)
  • 年齢:24歳
  • 住所:宮城県岩沼市松ケ丘
  • 職業:会社員
  • 容疑:過失運転致傷

2023年12月30日13:30時点で大場大稀容疑者の顔画像は公開されていません。

2023年12月29日の22:30頃に宮城県名取市植松の県道で、

道路を歩いていた男性が後ろから走ってきた乗用車にはねられました。

大場大稀 顔画像 

事故を起こした車。

男性は頭などに大けがをして仙台市内の病院に運ばれましたが命に別状はないということです。

男性は40歳から50歳くらいとみられていますがまだ身元は分かっていません。

警察は、乗用車を運転していた大場大稀容疑者を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

警察の取り調べに対し大場容疑者は「速度計を見ていて前をよく見ていなかった。

人が道路の真ん中を歩いているのに気づきブレーキをかけ、

ハンドルをきって避けようとしたが避けきれなかった」と、容疑を認めているということです。

現場は片側1車線の直線で警察が事故当時の状況などを詳しく調べています。

大場容疑者の供述では歩行者が道の真ん中を歩いていたようですので、

もし本当だとすれば歩行者にも大きな問題がありそうですね。

スポンサーリンク

大場大稀容疑者のFacebookは特定されてる?

大場大稀 Facebook

Facebookの調査結果。

大場大稀容疑者のFacebookについて調査しました。

すると、同姓同名のアカウントが1件のみ該当します。

しかしこのアカウントには情報が何も登録されていない為、

大場容疑者であるかどうかの判断は出来ません。

大場容疑者は24歳と若い為、Facebookはやっていなかった可能性が高いでしょう。

 

大場大稀容疑者のインスタは?

大場大稀 instagram インスタ

instagramの調査結果。

大場大稀容疑者のinstagramについて調査しました。

すると同姓同名のアカウントが1件のみ該当します。

しかし、こちらのアカウントは居住区域が異なるため別人でした。

年齢を考えればinstagramはやっている可能性が高いですが、

別の名前を使って登録をしているのかもしれません。

こちらは引き続き調査を行い、新たな情報が入り次第追記して参ります。

 

大場大稀容疑者の自宅はどこ?

※画像はイメージです。

大場大稀容疑者の自宅について調査しました。

大場容疑者は現在報道で宮城県岩沼市松ケ丘に住んでいる事が分かっています。

しかし、以降の詳細な住所が報道されていないため、特定には至っていません。

スポンサーリンク

大場大稀容疑者に与えられる刑罰は?

※画像はイメージです。

大場容疑者は過失運転致傷の罪に問われています。

過失運転致傷の刑罰は?
第五条 自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、七年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。 ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。【引用:デイライト法律事務所】

7年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金となります。

しかし、その障害が軽い時は情状により刑を免除する事ができると書かれていますので、

事故当時の状況がハッキリすればかなり罪は軽くなる可能性があるでしょう。

大場容疑者は道路の真ん中を歩いていた歩行者を避け切れなかったと供述しています。

この供述が本当であれば歩行者にも問題はあるのが明らかですから、

大場容疑者の罪は軽くなると考えるのが妥当でしょう。

どんなに歩行者が悪くても運転手の過失になるのは、なんともやるせないですよね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA