十四山中学校刺殺事件・校長や学校側の対応は?トラブルは把握していない。

愛知県 弥富市 十四山中学校 刺殺事件 校長

十四山中学校で発生した刺殺事件で、学校側の対応に注目が集まっていますね。

凄惨な事件だけに今後は生徒の心のケア等が必要になるでしょう。

では、事件に対して現在の学校側の対応はどのようなものなのでしょうか?

調べてみました!

スポンサーリンク

十四山中学校で刺殺事件が発生し、学校側が緊急記者会見。

2021年11月24日に十四山中学校で発生した刺殺事件を受けて学校側が緊急記者会見を開きました↓

十四山中学校 伊藤柚輝 顔画像

十四山中学校の黒川利之校長(左)と野田宗臣教頭(右)

愛知県弥富市の市立十四山中学校で中学3年の伊藤柚輝さん(14)が同級生に刺殺された事件を受け、同市教育委員会や同校関係者は緊急記者会見を開いた。

毎日新聞様より引用

この事件に対して世間からは以下のような声が挙がっています↓

加害者の心の中を知ったところで、どうなるものでもないけども、同じ年頃の子を持つものとしては気になってしまう。
文章からでは実感が無いけど、肝臓を貫通するほどの傷を負ったら、周辺は血の海になったはずなので、その現場を見てしまった生徒のメンタルケアが今後重要になってくる。
学校側もイジメなら事前に対処する事も可能なのだろうけど、両者の付き合いは少なくても、何気げない一言が切っ掛けって事も有るだろうし、それを把握しろってのも酷だと思う。

このように同じ年頃の子を持つ親から心配の声や、

今後は学校側の対応が重要になるという声が挙がっていますね。

では、現在学校側はどのような対応を行っているのでしょうか?

調べてみました!

 

十四山中学校刺殺事件を受けて学校側の対応は?

学校側の現在の対応をまとめると以下のようになっています↓

事件当日の午後、弥富市教育委員会が記者会見を行い第三者委員会を設置すると発表。

その後、十四山中学校の黒川利之校長が遺族宅を訪問しています。

愛知県の大村知事が会見で県の教育委員会がスクールカウンセラーを派遣したと発表。

事件から約10時間後には十四山中学校が緊急の保護者会を開催↓

十四山中学校 保護者会

緊急で開催された保護者会の様子。

「冒頭、学校側から『学校のことで申し訳ない』という謝罪があった後、時系列に沿って事件についての説明が行われました。ただ、具体的に2人の間で何があったのかは学校側も分かっていないようで、明日から予定されていた期末テストの延期など今後の対応についての話にも時間が割かれていました」「子を持つ親としては、やはり子どもたちの精神状態が心配です。スクールカウンセラーが1人はいるということでしたが、それだと足りないので増員してほしいと伝えました。出席していた市の教育委員会の方が県に要望を出すという回答をしていましたが、一刻も早く事態の収束を計ってほしいです」

文春オンライン様より引用

保護者会の場では生徒を通わせる保護者から生徒達のメンタルケアに関する要望が多く出されたとの事。

やはり保護者の方からすれば今後の対応が凄く気になる所ですよね…

特に事件現場を目撃した生徒達が受けたショックは計り知れないと思います。

加害者の生徒が事件の背景にイジメがあったという旨の供述をしていますが、

学校側はどのように感じているのでしょうか?

スポンサーリンク

学校側でトラブルがあった事は把握していない

緊急記者会見の席で十四山中学校の黒川利之校長は以下のように話しています↓

「なぜそんなことをやったのか私たちもよくわからなくて非常に混乱している」。全校生徒138人の中学校で発生した凶行に、同校の黒川利之校長は慎重に言葉を選びながら事件の状況を説明した。

毎日新聞様より引用

学校側としてもいきなりこんな事件が発生して混乱しているというのが本音だと思います。

また事件の被害者と加害者の生徒に関しては以下のように説明されていました↓

十四山中学校 校長

記者会見で2人の生徒に関して説明する黒川利之校長。

2人の間で何があったのか。黒川校長はトラブルについて「いまのところ思い当たるところがない」とし、逮捕された生徒について「特におかしなところは全くなくて、なぜそんなことをやったのか私たちもよくわからない」と説明。11月中旬にあった修学旅行には2人とも参加し、これまでにも特にトラブルは確認されていないという。市教委が11月上旬に回収したいじめの有無を問うアンケートにも2人に関する記載はなく、市教委の渡辺一弘課長も「これまで何かトラブルがあったかは分かっていない」と述べるのみだった。

毎日新聞様より引用

学校側は管理する立場としてトラブルは確認していないとの事。

しかし、報道によると生徒達からLINEによるトラブルがあったとの声が挙がっているそうです。

そのトラブルの詳細は報じられていませんが、ネット上に以下のような書き込みがありました↓

去年同クラス 今年別クラスに離れた 今朝LINEブループから加害者が外されたことに強く抗議し揉め 腹部をめった刺しにしているところを教諭が止めに入り通報

出典:https://bakusai.com/

この書き込みは事件当日の午後にされており非常に具体的な内容が記載されています。

ネット上の書き込みですので信憑性は担保されていませんが、

もし事実だとすればこれを学校側に把握しろというのには少し無理があるように感じますね…

いくら管理する側とはいえ生徒達にもプライベートがあります。

LINEグループから外されるのが休日であれば、学校で事件が起こる事はなかったのではないでしょうか…

事件現場が学校であった為に学校側が対応を求められる事になっており、

見方によっては学校側も被害者と考える事ができますね…

 

あとがき

いかがでしたか?

今回は愛知県弥富市の十四山中学校で発生した刺殺事件での学校側の対応について調べてみました。

生徒達の心のケアはもちろんの事ですが、学校側も先生達も間違いなくショックを受けています。

国や教育委員会には先生方のケアも行って頂きたい所ですね…

この事件の被害者である伊藤柚輝さんや加害者の生徒についても調べていますので、

宜しければそちらもご覧下さい↓

十四山中学校・伊藤柚輝さんの顔画像は?イジメがあったのか検証してみた。

十四山中学校殺人事件!加害者の名前や顔画像は?犯行動機が気になる…

それでは、今回はこの辺りで失礼します(^^)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA