飯塚幸三に禁錮5年の判決!『軽い・重い』と賛否両論の声(池袋暴走事故)

池袋で暴走事故を起こした飯塚幸三被告に禁錮5年の判決が下され注目を集めています。

飯塚幸三被告といえば上級国民と言われている事で有名ですね。

そんな飯塚幸三被告への判決に対して世間では『軽い・重い』『短い・長い』と賛否両論が沸き起こっています。

そこで今回はこの判決に対しての世間の声をまとめてみました!

スポンサーリンク

池袋暴走事故を引き起こした飯塚幸三被告に禁錮5年の実刑判決が下される

2021年9月2日、池袋で車を暴走させ2人を死亡させた飯塚幸三被告に実刑判決が下されました↓

飯塚幸三

禁錮5年の実刑判決が下された飯塚幸三被告

東京・池袋で2019年4月、高齢者が運転する車が暴走し、当時3歳の松永莉子ちゃんと母親の真菜さん(当時31)がはねられ死亡した「池袋暴走事故」。2人を死亡させたうえ男女9人に重軽傷を負わせたとして自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われた飯塚幸三被告(90)に対し、東京地裁(下津健司裁判長)は9月2日、禁錮5年の実刑判決を言い渡した。

BuzzFeed Japan様より引用

 

飯塚幸三被告に対しては旧通産省工業技術院の元院長だから逮捕されない、いわば上級国民という言葉が話題になりましたね。

そんな飯塚幸三被告に対してようやく判決が下されました。

その内容は禁錮5年の実刑判決。

この判決内容に至った理由については以下のように説明がされています。

 

禁錮5年の判決が言い渡された理由

「アクセルとブレーキを的確に操作することは、年齢にかかわらず等しく求められる最も基本的な注意義務の1つ。被告人の過失は重大」と指摘した。法廷で踏み間違えの記憶は全くないとの証言に「過失を否定する態度に終始している。深い反省の念を有しているとはいえない」と非難した。
一方で、90歳と高齢で、体調も万全ではないと考えられることや、「誰しもが不測の事態に直面して狼狽してしまうことはあり得る」ことも考慮。事故後、脅迫状が届いたことなどを「苛烈な社会的制裁」と指摘し、「被告人に有利に考慮すべき事情の1つ」とした。
東京新聞様より引用

今回の事故で適用されたのは自動車運転処罰法違反(過失致死傷)です。

その内容は以下の通り↓

第五条 自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、七年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。

アトム法律事務所様より引用

この判決内容を見た世間からは軽い・短い・重い・長い・実質死刑など様々な声が多く挙がっています。

そこで今回は実際にどのような声が挙がっているのかまとめてみました。

 

飯塚幸三被告への判決内容に対する世間の声

池袋暴走事故で罪に問われていた飯塚幸三被告へようやく禁錮5年の実刑判決が下されました。

しかしこの内容には世間から賛否両論が様々とあります。

その内容は大きく分けて3つです↓

  • 軽い・短いという声
  • 重い・長いという声
  • 実質の死刑という声

では実際の声を見てみましょう。

 

禁錮5年に対して軽い・短いという声

一つ目は、判決内容に対して軽い・短いという声です。

池袋暴走事故の量刑は最大で7年です。 ※自動車運転処罰法違反(過失致死傷)

今回の飯塚被告への判決は被害者の求刑7年を下回る5年という結果となりました。

2人の命が犠牲になっても禁錮5年で住んでしまう…

という見方をすれば確かに短いと考える事が出来るかもしれませんね。

 

禁錮5年に対して重い・長という声

重い・長いという意見の多くは飯塚幸三被告の現在の年齢に寄与しています。

2021年現在で飯塚被告は90歳。

90歳という年齢から更に5年間の禁錮刑を受けると考えれば重いと受け取る事が出来ますね。

また、ネット上で多く呟かれている上級国民が影響していれば禁錮5年は長いと考える人がいるのも頷けますね。

 

禁錮5年に対して実質の死刑という声

先述しましたが飯塚幸三被告は2021年現在で既に90歳です。

正直な所どれだけ健康的に生活していても、とても後先が長いとは言えませんよね…

この事から実質死刑だという意見が多く挙がっているのではないでしょうか。

事故が発生してから約2年半。

ようやく判決が下されたこの裁判ですが、その内容にもまだまだ様々な意見が巻き起こりそうですね…

あとがき

いかがでしたか?

今回は池袋暴走事故の飯塚幸三被告に禁錮5年の実刑判決が下された件について調べてみました。

どんな判決であろうと、亡くなった2人の命は帰って来ません。

このような事故が2度と起こらない事を祈るばかりですね…

それでは、今回はこの辺りで失礼します。