スポンサーリンク

白岩里慧のFacebook・顔画像・大学は?生活の困窮に容疑者にも同情の声が…

白岩里慧 Facebook 顔画像 大学
スポンサーリンク

特殊詐欺の容疑で逮捕された白岩里慧容疑者に注目が集まっています。

元検察事務官という肩書きを持ちながら特殊詐欺に簡単していたという衝撃の事件。

白岩容疑者とは一体どんな人物なのでしょうか?

調べてみました!

スポンサーリンク

元検事事務官が特殊詐欺の容疑で逮捕。

特殊詐欺に関与した疑いで、東京地検の元検察事務官の女が逮捕された。 9日午前、東京・池袋署。逮捕されたのは白岩里慧容疑者(35)

FNNプライムオンライン様より引用

この報道に対して世間からは以下のような声が上がっています↓

特殊詐欺の受け子の取り調べに関わったこともある元検察事務官がなぜ?と思ったが、天然というか世間知らずのところがあるのかもな。
これ逮捕したらイカンやつなのでは。知らずにとか普通の仕事かと思って特殊詐欺の片棒を担がされるケースと言うのは少なからずあって、それもこのケースなのでは。
知らず知らずのうちに犯罪にかかわっていたという事件が増えているような気がする。当事者だと分からなかったり気が付かなかったりするような巧妙な手口の犯罪だよね。

このように白岩容疑者には同情する声が多く上がっています。

では、一体白岩容疑者はどのような人物なのでしょうか?

調査してみました!

 

白岩里慧容疑者のプロフィール

白岩里慧 Facebook 自宅 顔画像
  • 名前:白岩里慧(しらいわりえ)
  • 年齢:35歳
  • 住所:東京都板橋区
  • 職業:清掃員(元検察事務官)
  • 容疑:特殊詐欺

白岩容疑者は2017年に体調を崩し東京地検を辞めた元検察事務官でした。

検事事務官とは?

検事事務官とは?
検察事務官は、検察官を補佐し、又はその指揮の下、犯罪の捜査から裁判の遂行、そして刑の執行に至るまでの一連の刑事手続に関する業務を行うほか、総務・人事・会計等といった後方支援業務も行う。) 【引用元:https://shigoto.mhlw.go.jp/User/Occupation/Detail/518】

以前は自身も事件を操作する側であったにも関わらず、

今回は特殊詐欺に加担した疑いが持たれてしまったようです。

白岩容疑者は現在、清掃のアルバイトによる月約4万円の収入と貯金を取り崩して生活しており借金もあったようです。

そんな中インターネット上の求人に応募したところ、これが特殊詐欺の募集だったとの事。

 

白岩里慧容疑者のFacebookは?

白岩里慧 Facebook

Facebookの検索結果。

白岩容疑者のFacebookについて調査をしましたが特定には至りませんでした。

35歳という年齢を見ればやっている可能性は高いのではないかと考えられますが、

実名で検索しても検索に出て来ない為やっていないという事でしょう。

また、同様の調査をinstagramやtwitterでも行いましたが特定には至りませんでした。

 

スポンサーリンク

白岩里慧容疑者の大学はどこ?

白岩里慧 大学

※画像はイメージです。

白岩容疑者の大学についても調査を行いました。

しかし特定には至っていません。

元検察事務官という事でかなりの学歴を持っていた事が予想されます。

検察事務官になる為には国家公務員採用一般職試験に合格する事が大前提。

自ら目指して検察事務官になったという事でしょうから、元々かなり勉強が出来た可能性が高いと考えられます。

こちらについては新たな情報が入り次第追記して参ります。

 

白岩里慧容疑者に与えられる量刑は?

※画像はイメージです。

現在白岩容疑者には特殊詐欺の容疑がかけられています。

このまま罪が確定すると以下の量刑が与えられる事になるでしょう↓

検事事務官とは?
特殊詐欺を行うと詐欺罪に問われます。(刑法第246条) 詐欺罪の刑罰は「10年以下の懲役」です。実際に言い渡される量刑はこの範囲で裁判官が決定します。詐欺罪には罰金刑の規定はないため、有罪判決が下ると執行猶予がつかない限り刑務所に収監されてしまいます。 【引用元:https://keiji.vbest.jp/columns/g_property/5742/】

執行猶予がつかなければ刑務所に入る事となります。

しかし今回逮捕のきっかけとなったのは、白岩容疑者自身が警察に相談したからです。

私がやりとりしている探偵事務所が実在するのか調べてほしい。犯罪かもしれない。

このように警察に相談したところ犯罪だった事が判明していますので、

白岩容疑者も騙されていたという可能性が考えられるでしょう。

しかしながら犯罪に加担していた事実は変わりありませんので、

執行猶予つきの判決が下される可能性が高いのではないでしょうか。

※こちらはあくまでも筆者の推測となりますので予めご了承下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA