ピアス窃盗スタッフMの名前や画像は?神田うのにだらしないの声!

神田うの

タレントの神田うのさんに注目が集まっていますね。

そう、神田うのさんがまた窃盗被害にあってしまったのです。

犯人は神田うのさんが信頼を寄せていた女性スタッフのMさん。

では、そのMさんとは一体どんな人物なのでしょうか?

調べてみました!

 

神田うのさんがまた窃盗被害に。

2021年10月19日、タレントの神田うのさんが2度目の窃盗被害にあった事が報道されました↓

神田うの

窃盗被害に遭った神田うのさん。

「神田さんは10月8日にファッション誌の歴代モデルたち集まるアカウントのインスタライブで、『この間も実は2年間一緒に仕事をしていた人にまた(貴重品を)盗られたの。またね……』と寂しい声で明かしていたんです」(服飾関係者)

女性自身様より引用

2021年7月6日、神田うのさんが事務所でメークをする為に身に付けていたピアスを机に置いておいたそう。

すると、気付いた時にはピアスが片方無くなっていたんだとか。

どれくらい放置していたのかは分かりませんが、

その辺りに置いておいたのであればご本人の管理不足も原因にありそうですね…

しかも、神田うのさんは実は2015年にも窃盗被害に遭われていました↓

長年うのの家に出入りし、家族同然の存在だったAさんは、その裏で高級バッグやジュエリーなど約70点を盗み、そのほとんどをリサイクルショップで転売。被害総額は約3千万円にも及んだ。

女性自身様より引用

2度目の窃盗被害という事もあり、世間からは中々厳しい意見が多く挙がっています。

 

神田うのさんに対する世間の声

2度目の神田うのさんに対しては少々手厳しい意見が挙がっています↓

彼女は信頼できる方と一方的に思っているだけで、近寄ってくるヒトは、彼女の金銭やモノ目当てってことでないですかね。
信用し過ぎるというと聞こえはいいが、人を雇っている以上その隙を与えないのが主人の優しさだと思う。物の扱いがだらしがないのでは?
率直にお嬢様なんだよ。気の強さとは別に隙があるのでは。相手にそれを見透かされてる。人を見る目とは少し違うような何度も繰り返されるということは。人脈の利点は知り尽くしてそうだけど人間の怖さを多分ご存知ない。

神田うのさんが元々人信じすぎる性格という事もあるようですが、

2度目という事もあり、管理面がだらしないという意見が多く挙がっています。

1度目で3000万円もの被害に遭っているにも関わらずまた被害に…

女性スタッフも当然その事実を知っているでしょうから、

その上で窃盗をするという事は神田うのさんにかなりの隙があったのではないでしょうか…

 

盗まれたのはどんなピアス?

ではその盗まれたピアスとはどんな物なのでしょうか?

神田うのさんが窃盗されたピアス

盗まれてしまったピアス。

このピアスは3カラットのダイヤモンドで作られた特注品で、

価格は片方でおよそ750万円にもなるんだとか。

片方で750万円はエグい…

そして、750万円で特注して作ったピアスを机の上に放置してしまう神田うのさんの感覚もエグいですね。

恐らく神田うのさん的には対した金額では無いという事なのでしょう…

 

神田うのさんのピアスを窃盗した女性スタッフMはどんな人物?

現在の所、顔画像や名前は公開されていません。

神田うのさんご自身がそれを望んでいないという事でしょう。

しかし、報道によるとかなり細かい所まで情報が出ています↓

  • 神田うのさんが雇っていたスタッフ
  • イニシャルはM
  • 年齢は24歳
  • 進んだ翌日にリサイクルショップで転売
  • 神田うのさんのオフィシャル写真やSNSにアップする動画などの撮影を担当
  • 企画考案や宣伝アドバイザーも務めていた
  • 2年ほど前から委託していたSNS用の動画制作会社のスタッフとしてうのさんの自宅や事務所に出入りしていた
  • 神田うのさんの娘とも仲良くしていた

現在の所これだけの情報が出ていますが、一般人という事で顔や名前が公表される事は無いかもしてません。

ですが、神田うのさんと繋がりがある方からもしかしたら漏れてしまうかもしれませんね。

神田うのさんが信用し過ぎる方という事なので、

その辺りも簡単に漏れそうだと思ってしまいます…汗

あとがき

いかがでしたか?

今回は神田うのさんのピアスを窃盗した女性スタッフMさんについて調べてみました。

現時点では顔画像やお名前は公開されていません。

2度ある事は3度あると言いますから、これからは更に気を付けて頂いた方が宜しいかと思いますね…

それでは、今回はこの辺りで失礼します(^^)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA