Adoを不快に感じる4つの理由とは?『嫌い!』という人が多数!!

Adoさんの曲が流行ってるけど不快に感じない?

ちょっとうるさい感じがする…

twitterを見てもちょっと変わったツイートしてるし微妙…

と、お思いの方は多いのではないでしょうか?

私も初めて聴いた時は耳に残る反面少しうるさいなと不快に感じてしまいました…

そこで今回はAdoさんの曲が深いに感じる理由について調べてみました。

この理由にはきっと皆さんも納得だと思いますよ。

スポンサーリンク

代表曲『うっせぇわ』が単純にうるさい。

多くの人が感じているであろう1つ目の理由は『Ado』さんの代表曲であるうっせぇわが各局のテレビで取り上げられた事によってサビの『うっせぇうっせぇうっせぇわ』が繰り返し放送され、単純に『うるさい』と思われてしまった事にあります。

『うっせぇわ』という言葉の響きはあまり気持ちの良いものではありませんし、不快に感じても仕方がないような気はしますね…

 

Adoさんの歌い方が不快

2つ目の理由は『Ado』さんの歌い方にあります。

Ado』さんの歌い方の特徴と言えば『がなり声』ですよね。

この叫ぶような歌い方は、うっせぇわという曲にはとてもマッチしていて良いのですが、あまりにも連呼されるとやはり不快に感じる人が増えてしまいます。

AメロやBメロなど、落ち着いた所からサビの『がなり声』を聞けば意図的である事が分かるのですが、いかんせんテレビ等ではサビしか流れないので不快に感じてしまうのです。

 

スポンサーリンク

子供に悪影響があると思われている

3つ目の理由は、子供を持つ親世代が不快に感じているという点です。

うっせぇわが人気になり露出度が増えると同時に、小さい子供達がふざけて真似をして『うっせぇうっせぇうっせぇわ』と連呼してしまったり、汚い言葉を覚えてしまう事により親世代の人達が不快に感じているのです。

やや風評被害的な要素もありますが、『うっせぇわ』という言葉を覚えたり連呼していて嬉しい親はいないですよね…

Adoさんのツイートが厨ニ病っぽい。

4つ目の理由は『Ado』さんのツイッターでの呟きが厨ニ病っぽくて不快に感じる…というものです。

では一体どのようなツイートをしているのでしょうか?実際に見てみましょう。

 

等々…このようなツイートが数多く見受けられます。

これをどのように受け取るかは人それぞれですが、少なからずこのようなツイートに不快感を覚える人がいるようです。

まとめ

いかがでしたか?

今回はうっせぇわがYouTubeで大ヒットを記録している『Ado』さんを不快に感じる4つの理由についてお話しました。

良くも悪くも注目をされる事で再生回数が増えていますし、この賛否両論も初めから狙いだったのかもしれませんね。

それでは、今回はこの辺りで失礼します(^^)