フジロックコロナ対策破られ酒持ち込みが横行!人体実験との声も…

2021年8月20日に開幕したフジロックフェスティバル。

万全のコロナ感染対策が講じられた上での開催を発表した主催者側ですが、ルールは守られていなかったようです。

そこで今回は実際のフジロックフェスティバル会場がどのような状況だったのか調べてみました!

スポンサーリンク

FUJI ROCK FESTIVAL’21がコロナ感染対策の上で開催

2021年8月20日~22日の3日間に渡って開催されましたね↓

フジロックフェスティバルの会場へ向かう人達

日本を代表する野外音楽祭「フジロック・フェスティバル」が20日、新潟県湯沢町の苗場スキー場で始まった。昨年はコロナ禍で1997年のスタート以来、初めて全日程が中止となったため、2年ぶりの開催となる。22日まで。

読売新聞様より引用

今年のフジロックフェスティバルは新型コロナウィルスの流行に伴って感染対策が講じられた上で行われていました。

フジロックフェスティバル2021の感染対策

またこちらには記載されていませんが、アルコール飲料の持ち込み禁止などかなり細かいルールが定められています。

しかし

残念ながらそのルールは守られていなかったようで…

特にアルコール飲料の持ち込み禁止という点。

会場でアルコールが販売されているという事もあってか、アルコールの持ち込みが横行していたようなのです。

 

フジロックフェスティバル会場へのアルコール持ち込みが横行

フジロックフェスティバル21では会場へのアルコール類の持ち込みは禁止されていました。

しかし残念ながらそのルールは守られていなかったようです。

https://twitter.com/poke_bsd/status/1428350539834683404?s=19

と、このように実際にフジロックフェスティバルにお酒を持ち込んでいる所をアップする人まで現れる始末…

禁止されているはずの酒持ち込みがどうして可能だったのでしょうか?

荷物検査などは行われていなかったのでしょうか?

調べた所、入場ゲートでの手荷物検査実施の旨が公式HPに記載されていました。

入場ゲートでは手荷物検査を実施しますとの文言が…

 

記載されているにも関わらず持ち込もうとする人…

荷物検査を実施したにも関わらず発見出来なかった人…

これではコロナ対策が機能しているとは言い難いですね。

しかしこのフジロックフェスティバル、もう一つ気になる点がありました。

それは、後援に環境省と観光庁がついているという事。

国の公的機関が公演についているにも関わらずなぜ酒の持ち込みが横行していたのか…

気になりますよね。

そこには様々な理由がありました。

フジロックフェスティバルの環境庁と観光庁がついていた理由

あくまで個人的な見解ですが…

コロナ禍においてこの規模でイベントを行った場合にどのような現象が起きるのかを検証していた可能性があるのではないでしょうか。

実際にSNSでもそのような声が多く呟かれています↓

万が一フジロックフェスティバルが終了してから新潟県で感染者数が増えるような事があれば…

大変な事になりそうですね。汗

あとがき

いかがでしたか?

今回はフジロックフェスティバルでの感染対策が守られていなかった点について調べてみました。

一人一人の行動が感染者数に直結しますので、良く考えた上で行動して頂きたいものですね。

それでは、今回はこの辺りで失礼します(^_^)