スポンサーリンク

キンプリがオワコンと言われる理由3選!終わった感が否めない…

スポンサーリンク

2023年5月22日から2人体制となったKing&Prince。

どうやら世間からはオワコン・終わったという声が上がっているようです。

それは一体なぜなのでしょうか?

調査してみました!

スポンサーリンク

King&Princeから3人が脱退し2人体制に。

キンプリ 脱退

5人での活動を終了したKing&Prince。

2022年11月4日(金)の午後11時に、King&Princeが5人での活動を終了する事を発表しました↓

人気グループ・King & Princeが4日、来年5月22日をもって、岸優太、平野紫耀、神宮寺勇太の3人が脱退し、5人での活動を終了することを発表した。

引用:ORICON MUSIC

この発表にファンからは多くの悲鳴が上がる事態に…

女性
女性
ビックリ!!
何があったんでしょう。タッキーの退所と関係あるのかな。キンプリの箱推しだったので残念です。
女性
女性
崩壊が始まったね。尊敬してる先輩が抜けたりすればみんなその人についていきたくなるよね。キンプリだけじゃないでしょ。他のグループもでてきそう。ショックで眠れない…
女性
女性
ショックすぎて言葉が出ない…ただただ悲しいです…。

このように多くの悲鳴が上がり、崩壊の始まりだという声まで上がっていました。

人気の絶頂期であり今後のジャニーズの柱となるユニットだっただけに、

この発表が世間に与えた影響はとても大きかったですね…

そして2023年5月22日から永瀬廉さんと高橋海人さんの2人体制となった訳ですが、

どうやら世間からキンプリはもうオワコンだという声が上がっているようです。

 

キンプリがオワコンだという世間の声。

実際の声を見てみましょう。

https://twitter.com/XezySone/status/1664857414649389059?s=20

このように2人体制になったKing&Princeに対して世間からは中々手厳しい声が上がってます。

では、オワコンだと言われてしまう理由は一体何なのでしょうか?

スポンサーリンク

King&Prince(キンプリ)がオワコンだと言われる3つの理由。

キンプリ なにもの ジャケット

2人体制で初となるKing&Princeのシングル「なにもの」。

その理由は主に以下の3点だと考えられます↓

  1. ファンの数が減っている。
  2. CDの販売数予測が激減。
  3. ジャニーズ自体がオワコンだと言われている。

それでは、1つずつ詳細を見て行きましょう。

 

ファンの数が減っている。

1つ目は、ファンの数が減っているというもの。

こちらは正確には担当がいなくなったから応援する理由がなくなったというものですね。

https://twitter.com/GiantCompany_FQ/status/1631241632220876800?s=20

https://twitter.com/R_____n18/status/1661338385263521792?s=20

https://twitter.com/167kishibe178/status/1660567510452961282?s=20

岸優太さん、平野紫耀さん、神宮寺勇太さんの3人がグループから脱退するので、

キンプリを応援する必要もなくなるのは当然と言えるでしょう。

特にアイドルグループは1人1人にファンがついている事が多い為、

人数が減ればそれだけ売上も下がるのが自然です。

オワコンと言われてしまう1番の理由はやはりこれでしょう…

 

CDの販売数予測が激減。

キンプリ なにもの YOUTUBE

「なにもの」のMV。

2つ目の理由は、CDの販売予測数が激減しているからというもの。

キンプリのお2人は2023年6月21日に2人体制となって初のシングルなにものを発売しました。

そしてその販売予測数は約20万枚程度と言われています。

これまでにキンプリが出してきたCDの販売数を見ると…

  • 1st「シンデレラガール」57.7万枚
  • 2nd「Memorial」40.1万枚
  • 3rd「君を待ってる」39.1万枚
  • 4th「koi-wazurai」39.9万枚
  • 5th「Mazy Night」51.8万枚
  • 6th「I promise」56.7万枚
  • 7th「Magic Touch/Beating Hearts」46.4万枚
  • 8th「恋降る月夜に君想ふ」44.2万枚
  • 9th「Lovin’ you/踊るように人生を。」46.6万枚
  • 10th「TraceTrace」50.1万枚
  • 11th「ツキヨミ/彩り」79.2万枚
  • 12th「Life goes on/We are young」103.2万枚

このようになっています。

11枚目に発売された「ツキヨミ/彩り」は2022年11月9日に発売されていますので、

脱退の発表がされた後という事になります。

12枚目のシングル「Life goes on/We are young」がミリオンを達成していますが、

5人体制最後の楽曲という事で思い出として購入した方も多いと思います。

この2つを除けば平均は45万枚程度となりますので、人数が抜けた分売上も落ちると考えるのが自然でしょう。

CDが売れにくい時代ですので20万枚売れれば凄いとは思いますが、

全盛期との比較でオワコンと言われてしまうのは無理もないですよね…。

 

スポンサーリンク

ジャニーズ自体がオワコンだと言われている。

ジャニー喜多川 顔画像

ジャニー喜多川氏。

3つ目は、ジャニーズ自体がオワコンだと言われているからというもの。

2019年7月9日にジャニー喜多川氏がご逝去されて以降、事務所から退所する人が続出しています。

◇2019年
・9月 錦戸  亮(関ジャニ∞)

◇2020年
・3月 中居 正広(SMAP)
・6月 手越 祐也(NEWS)
・10月 山下 智久(元NEWS、ソロ)
・12月 錦織 一清(少年隊)
・12月 植草 克秀(少年隊)
◇2021年
・3月 長瀬 智也(TOKIO)
・3月 岩橋 玄樹(King&Prince)
・4月 近藤 真彦(ソロ)
・11月 森田 剛 (V6)

◇2022年
12月 マリウス葉(Sexy Zone)

◇2023年
5月 三宅  健(V6)
5月 佐藤  新(IMPACTors)
5月 影山 拓也(IMPACTors)
5月 横原 悠毅(IMPACTors)
5月 基  俊介(IMPACTors)
5月 椿  泰我(IMPACTors)
5月 鈴木 大河(IMPACTors)
5月 松井  奏(IMPACTors)
5月 平野 紫耀(King&Prince)
5月 神宮寺勇太(King&Prince)
8月 北山 宏光(Kis-My-Ft2)
9月 岸優太    (King&Prince)

また2023年に入ってから生前のジャニー喜多川氏による性加害が発覚し、一向に落ち着く気配がありません。

このようにジャニーズ自体がオワコンだと言われてしまっているのです。

ジャニーズのグループを管理する事務所自体がオワコンだと言われているのであれば、

King&Princeもオワコンだと言われてしまうのも無理はありません…

脱退後の立て直しを図ろうにもこんな状況では注力出来ないのが本音でしょう。

このような3つの理由から、King&Princeは終わった・オワコンだという声が上がっているのです。

2人体制になってもKing&Princeの今後の活動を応援して行きたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA