笹生優花の経歴や生い立ちは?二重国籍で東京五輪はどちらで出場する?

ゴルフの笹尾優花選手が全米オープンで優勝して話題になってるけど国籍が日本とフィリピンの二重国籍っていうのは本当?

東京五輪には日本代表とフィリピン代表のどちらで出るのかな?

と、気になった方も多いのではないでしょうか?

私もやっぱり東京五輪には日本人として出て欲しいなんて思います。

そこで今回は笹尾優花さんの生い立ちや東京五輪出場についてまとめました。

スポンサーリンク

笹生優花の経歴や生い立ちは?日本とフィリピンの二重国籍で東京五輪はどちらで出場する?

2021年6月7日にプロゴルファーの笹尾優花さんが全米女子オープンで優勝し話題になっています。

そこで今回は笹尾優花選手の生い立ちや東京五輪出場についてまとめてみましたのでご覧下さい。

 

笹尾優花選手の生い立ち

笹生優花

 

名前:笹生優花(さそうゆうか)

生年月日:2001年6月20日

身長:166cm

体重:63kg

出身地:フィリピン(ブラカン州サン・イルデフォンソ)

国籍:日本・フィリピン

笹生優花と書いて(さそうゆうか)と読みます。

現在は日本とフィリピンの二重国籍。

日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれ6歳でフィリピンから日本に移住し小学校3年から再びフィリピンに戻ったとの事。

父親の影響により8歳からゴルフを始める

笹生優花選手には妹が1人、弟が3人おり合計7人の大家族との事。

日本人である父親の正和さんにゴルフを教えられ幼い頃からトレーニングに打ち込んでいたそうです。

代々木高等学校アスリートゴルフコース卒業を卒業されており、現在の所属は扶桑カントリー倶楽部です。

スポンサーリンク

笹生優花選手の経歴

笹生優花選手のゴルフでの経歴は以下の通り。

※優勝歴のみ記載しています。

2015年 Kartini Cup(タイ、ジュニア大会)

2016年 フィリピンジュニアアマチュア

フィリピンジュニアアマチュアマッチプレー

2017年 フィリピンアマチュアオープン選手権

フィリピンジュニアアマチュア

フィリピンアマチュアオープンマッチプレー選手権

2018年 フィリピン女子オープン

2020年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

ニトリレディスゴルフトーナメント

若い頃は主にフィリピンでプレーされていましたが、2020年からは日本に拠点に移してプレーされていたようです。

上記のように、幼い頃から頭角を表しておりこのタイミングで遂に開花したイメージですね。

 

東京五輪には日本とフィリピンのどちらで出場する?

現在笹生優花選手は日本とフィリピンの二重国籍となっていますが、日本代表としてはランキングが低くオリンピックには出場出来ないとの事。

ですのでフィリピン代表としてオリンピックに出場する事を目指しているそうです。

これは日本代表にとっても大きなライバルとして立ちはだかりそうですね。

あとがき

いかがでしたか?

今回は全米女子オープンで史上2人目となる10代での優勝を果たした笹尾優花選手の生い立ちや経歴について調べてみました。

今後の活躍にも要注目ですね。

それでは、今回はこの辺りで失礼します(^^)