中田翔に殴られたのは井口和朋!暴力行為で事実上のクビ宣告との声が多数!

2021年8月11日に日本ハムの中田翔選手が暴力行為を行い出場停止処分を受けていた事が報道され話題になっていますね。

中田翔選手と言えば日本球界を代表するホームランバッターとして有名です。

そんな中田選手ですが、誰に暴力行為を行ってしまったのでしょうか?

今回は、中田翔選手が出場停止になった原因である暴力行為を誰に行ったのかについて調べて検証してみました。

スポンサーリンク

日本ハム中田翔選手が暴力行為を行い出場停止処分

8月4日のDeNA戦の試合前に同僚に対する暴力行為が判明、球場からの退場と自宅謹慎  日本ハムは11日、中田翔内野手に統一選手契約書第17条(模範行為)違反による出場停止処分を科したことを発表した。当面の間、1軍、ファーム全ての試合が出場停止となる。

full-count様より引用

 

試合前に暴力行為をしたとありますので、同僚に暴力を振るっていた所を他の同僚が見ており報告をしたという事になりますね。

被害があった選手から申し出があり事実関係を調査している間に試合が始まってしまったとの事。

一旦出場はしたものの事実確認が出来1打席だけで下げられ自宅謹慎を命じられたそうです。

この報道に対して中田翔選手や被害選手からコメントは出されていません。

被害選手からは大事にしたくない旨の申し出があったとされており、中田翔選手も深く反省しているとの事。

この内容が事実であれば、普段は良好な関係だが中田翔選手の怒りが急に沸点に達して手を出してしまった。

しかしその原因が被害選手にも多少あるが故に大事にしたくないという申し出をしているのではないかと考えられます。

この報道に世間からは辛辣な声が多く挙がっていまう。

 

中田翔選手の暴力行為に世間からは辛辣な声が挙がる

この暴力行為に対しては世間から事実上のクビに近い状態だという旨の声が多く挙がります↓

暴力行為というのはどんな状況であってもあってはいけませんよね。

仮に当事者同士が和解していても球団のイメージ低下は避けられません。

球団活動として子供に野球を教えたりする事もあったそうですが、それも出来なくなるのではないでしょうか。

また、中田翔選手の今シーズン(2021年)の成績はかなり不調で…

  • 打率:1割9分3厘
  • 安打数:26
  • 本塁打:4本

と全盛期の見る影もない状態となっています。

このような状況から事実上のクビ宣告なのではないかという声が挙がっている訳ですね。

では、肝心の被害を受けた選手と言うのは誰なのでしょうか?

調べてみました。

スポンサーリンク

被害を受けたのは井口和朋選手

一部の情報で中田翔選手から暴力行為を受けたのは井口和朋選手(いぐちかずとも)選手ではないかというものがありました。

「被害にあったのは、入団6年目の投手・井口和朋(27)です。東京農業大学在学中にユニバーシアードで活躍後、2015年にドラフト3位で日ハムに入団。1年目は中継ぎとして37試合を投げるなど活躍を見せました。その後、試験的に先発に回るなどしましたが、今は中継ぎとして落ち着いています。派手さはないものの、今季も19試合に登板し、防御率1.76とまずまずの結果を残しています」(同)

デイリー新潮様より引用

国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 1994年1月7日(27歳)
身長
体重
175 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト3位
初出場 2016年3月30日
年俸 2,600万円(2021年)

※Wikipediaより引用

デイリー新潮の取材に球団関係者が答えたとの事。

元々井口投手は中田翔選手を慕う後輩なんだそう。

いつも通り先輩が後輩イジリをしていた所、井口投手の導火線に触れてしまいこのような結末になってしまったそうです。

井口投手にも何らかの非があるからこそ大事にはしたくないという申し出をしたのかもしれませんね。

あとがき

いかがでしたか?

今回は中田翔選手から暴力行為を受けたのが誰なのかについて調べてみました。

今後の流れよっては中田選手の放出もあり得る事態だと思います。

中田翔選手のその後については以下の記事でご説明していますので宜しければご覧下さい↓

中田翔システム誕生!暴行で巨人へ無償トレードに批判が殺到!

それでは、今回はこの辺りで失礼します(^^)