スポンサーリンク

ヒカキンの父親(パパキン)は韓国人?離婚したから動画に出られないというのは本当なのか。

ヒカキン 父親 韓国人  離婚
スポンサーリンク

Youtuberとして不動の人気を誇っているヒカキンさん。

どうやら父親が韓国人なのではという噂があるようです。

この噂は本当なのでしょうか?

今回はそんな気になる所を調査してみました。

スポンサーリンク

ヒカキンさんのプロフィール

ヒカキン 顔画像

出典:ヒカキンさん公式twitter

  • 名前:開發 光(かいはつ ひかる)
  • 別名:ヒカキン
  • 生年月日:1989年4月21日
  • 年齢:33歳
  • 出身地:新潟県妙高市
  • 身長:175cm
  • 職業:YouTuber、実業家、タレント、ゲーマー
  • YouTubeチャンネル:HikakinTV(ヒカキンTV)
  • チャンネル開設日:2006年12月
  • チャンネル登録者数:約1000万人(2023年3月時点)

2006年12月にYoutubeチャンネルを開設したヒカキンさん。

2023年時点でチャンネル登録者数は驚異の1,000万人越え。

日本人の人口が約1億人ですので10人に1人が登録している計算となります。

今やYoutubeの枠に留まらずテレビ番組やCMにもご出演される程のご活躍となりました。

そんなヒカキンさんですが、どうやら父親が韓国人なのではという噂が囁かれているようでなのです。

この噂は本当なのでしょうか?

調査してみました!

 

ヒカキンさんの父親は韓国人?

ヒカキン 顔画像

ヒカキンさんの父親は韓国人?

本題へ入る前に、一体なぜヒカキンさんの父親が韓国人という噂が立ったのでしょうか?

それはヒカキンさんの本名を見た人が疑問に感じ噂になったようです。

開發光

確かに日本ではあまり見かけない名前ですよね…

調べた所によると開發は全国でも70人しかいない珍しい名字だという事が分かりました。

ルーツは富山県に多く語源は新たに開発した土地からきているとの事。

こちらはしっかりと富山県がルーツとされていますので、韓国との関係は薄そうに見えますね。

この程度の事は調べればすぐに分かる事なのですが、なぜ未だに韓国人という噂が消えないのか…

そこにはもう一つ違った理由がある事が分かりました。

スポンサーリンク

ヒカキンさんのYoutube動画に父親だけが出演していない。

ヒカキンさんのYoutubeチャンネル「Hikakin TV」にはこれまでご家族がご出演されています。

ヒカキン ジジキン

左:兄・中:祖父・右:ヒカキンさん

ヒカキン 母 ママキン

右:ヒカキンさんの母親

これまでに兄であるセイキンさん、祖父のジジキンさん、母であるママキンさんは動画にご出演された事があります。

しかし、父親だけが動画内で紹介されていないのです。

先述した名前が珍しい事と父親が動画に出演しない事でより韓国人なのではないかという噂が強くなってしまったようですね。

ですが、父親が動画に出演していない事にはもう一つ別の理由があるとの事。

 

ヒカキンさんの父親と母親は離婚していた?

ヒカキン 父親 離婚

ヒカキンさんのご両親は離婚している?

実はヒカキンさんが幼い時にご両親が離婚しているという噂があります。

そしてヒカキンさん親権は母親が持ったとの事。

確かにこの筋書きを見れば父親だけが動画に登場しないのも頷けますよね。

どういった経緯で離婚に至ったのかは不明ですが、円満では無かったとすれば動画に登場する事がないのは当然です。

しかし、過去にヒカキンさんが動画内で父親は離婚していないと言った事があるんだとか。

公式の動画でヒカキンさんが嘘を付くとは思えませんが、もし本当だとしたら他に動画に出られない理由がありそうですね。

 

ヒカキンさんの父親だけがどうして動画に出演しない?

では一体なぜ父親だけが動画に出演しないのでしょうか?

残される可能性としては以下のような事が考えられます↓

  • 既に他界している
  • 超大物過ぎて出られない
  • 父親の意向で頑なに拒否している
  • 何らかの障がいを抱えている

考えればキリがないほど様々な理由が思い浮かびますが、確たる証拠は一つもありません。

元々ヒカキンさんはご自身のプライベートを明かさない方針である為、情報のコントロールは丁寧にされていると思います。

疑問だけが残る形となりますが、真実はご本人とご家族のみが知る所ということでしょう。

スポンサーリンク

あとがき

今回はヒカキンさんの父親が韓国人なのかについて調査してみました。

情報がまったく出回っておらず推測する事すら難しいという結論に…

しかしながら父親が何人であろうと、ヒカキンさんがこれまでされてきた努力が変わる事はありません。

実力で掴み取ったこの地位を存分に活かして、今後の活躍にも期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA