出口博章の顔画像やFacebookは?容疑者には同情する声が多数…

出口博章 顔画像 Facebook
スポンサーリンク

奈良県広陵町の町道で交通事故が発生し注目を集めていますね。

この事故で逮捕されたのは出口博章容疑者45歳。

では、出口容疑者とは一体どんな人物なのでしょうか?

調査してみました!

 

奈良県広陵町の町道で事故が発生し男女2人が死亡

2022年1月6日、奈良県広陵町三吉の町道で交通事故が発生し男女2人が死亡しました↓

事件を管轄する奈良県警。

6日午後6時25分ごろ、奈良県広陵町三吉の町道で、靴下専門店「靴下屋」などを全国展開する「タビオ」(大阪市浪速区)の会長越智直正さん(82)=広陵町疋相=と妻の麗子さん(71)=同=が軽トラックにはねられた。2人は搬送先の病院で死亡が確認された。

朝日新聞デジタル様より引用

この報道に対して世間からは以下のような声が挙がっています↓

学生の頃、時計と靴下屋の靴下をセットにしたプレゼントを誕生日に貰ったことがある。自分で店に行ったり買ったりしたことはないけれど、その時に靴下屋の存在を知った。ご冥福をお祈りします。
被害者夫妻は、上場会社の創業者ということなので、悠々自適な老後を謳歌されていたのでしょう。お金があっても命あってこそなので、充分気をつけなければなりませんね。
ビックリした…。
靴下屋の社長さん。経営の研修というか
講演会されてて本当に一人で極貧生活から靴下屋で
成り上がった方で、本当に学ぶべきことの多い方で何度もお会いしたことあるんだけど、これは悲しすぎる…。

この事故で亡くなれたのがタビオ株式会社の会長越智直正氏と、

妻の麗子氏であった事に驚きと悲しみの声が多く挙がっていますね…

※越智直正氏については別に記事を書いており当記事の最後にリンクがあります。

では、事故を起こしてしまった出口容疑者は一体どんな人物なのでしょうか?

調査してみました!

 

出口博章容疑者はどんな人物?

現在報道によって明らかとなっている情報は以下の通りです↓

出口博章 顔画像 Facebook

※画像はイメージです。

名前:出口 博章(でぐち ひろあき)

年齢:45歳

住所:奈良県田原本町大網

職業:会社員

容疑:過失運転致死

2022年1月7日13:00時点で出口容疑者の顔画像は明らかになっていません。

出口容疑者は警察の取り調べに対して容疑を認めているとの事です。

警察によると事故の現場は横断歩道のない片側2車線の直線道路で、

越智氏らが横断中に事故が発生したとの事です。

スポンサーリンク

出口博章容疑者のFacebookは?

出口容疑者のFacebookやSNSアカウントについて調査を行いました。

出口博章 顔画像 Facebook

Facebookの検索結果。

しかし逮捕された出口容疑者と居住地が同じアカウントは存在しませんでした。

居住地の設定がされていないアカウントがいくつかありましたが、

他に比較できる情報が無く特定には至っていません。

やや特徴的な苗字ではありますので該当しないという事は、

Facebookなどはやっていない可能性が高いと考えられます。

同時にtwitterやinstagramの調査を行いましたが、特定には至りませんでした。

今後新たな情報が入り次第更新して参ります。

 

出口博章容疑者には同情の声が多数。

事故を起こし逮捕されてしまった出口容疑者には同情する声が多数挙がっています↓

暗い時間に、片側二車線の、横断歩道のないところを渡られたら、運転側はたまったもんじゃない。
午後6時過ぎというともう真っ暗ですからね…
そんな時に片側2車線の道路、しかも横断歩道のない場所を歩行者が2人も横断してくるなんて運転手も全く想定していなかったと思います。
片側二車線でしかも夜に、横断歩道がない場所で運転手の過失にされては、なんでもありになるよ。
歩行者が渡ったらいけないところとか、ルールをしっかり守ってほしい。何でもかんでも歩行者が守られるのは違う。
前方確認義務はドライバーにあるけど、流石に片側二車線の歩道無しのところだときついな。会長でも社長でも歩道を渡ろうよ。
車と歩行者では車が悪いのは理解できますが、片側2車線の大きな道路で、しかも横断歩道ではないところを横断…運転手が可哀想になります。
いい加減、道路交通法も改正してほしい。何が何でも歩行者優先て運転する側が可哀想すぎる。どんな立場であろうと関係ないから。

事故の現場が横断歩道の無い片側2車線の道路で時間も午後6時25分と暗い時間だった為、

運転手の出口容疑者に対して可哀想という声が多く挙がっています。

事故発生当時に出口容疑者がどの程度のスピードを出していたのか、

前方不注意があったのかなど詳細は不明です。

出口容疑者に何らかの過失があった為に報道で指名が公表されているのかもしれませんが、

事故発生時の状況を考えると予測して運転するのは難しいような気がします。

このケースを想定して走っていたら更に法定速度を落とさなければ、

衝突は避けられないのではないかと筆者は感じてしまいますね…

スポンサーリンク

あとがき

いかがでしたか?

今回は奈良県広陵町の町道で事故を起こし逮捕された出口博章容疑者について調査しました!

出口容疑者に同情する声が上がるような事故の内容でしたが、

それでも回避しなければならないの日本の現実です。

運転手が全て悪となるような法律は見直して頂きたい所ですね…

それでは、今回この辺りで失礼します(^^)

画像・靴下屋のタビオ会長・越智直正の豪邸がエグい!億越えの一戸建て。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA