ジャングルジムで6歳女児を兄が暴行!転落死ではなく家庭内暴力だった可能性を考える。

2021年8月4日、滋賀県の小学1年の女児(6歳)がジャングルジムから転落し病院に搬送されたが死亡したという報道がされました。

どうしてこんな悲惨な事故が起こってしまったのでしょうか…

しかしその後の続報で、ただの転落死ではなく17歳の兄による傷害致死事件である事が報道されました。

なぜ17歳の兄は6歳の妹をジャングルジムから突き落とすという行為に出たのでしょうか?

今回はその理由について検証してみました。

 

スポンサーリンク

6歳女児がジャングルジムから転落死したという報道がされる

2021年8月1日、6歳の女児がジャングルジムから転落して死亡したという報道がされました↓

1日午前9時40分ごろ、大津市北大路3丁目の公園で、「ジャングルジムから子どもが落ちた」と近所の人が119番した。同市の小学1年の女児(6)が倒れていて、約1時間後に搬送先の病院で死亡した。

滋賀県警大津署によると、一緒に遊んでいた兄(17)が、女児がジャングルジムから転落するところを目撃し、近所の人に助けを求めたという

京都新聞様より引用

 

しかしその3日後の2021年8月4日、事態は急変します↓

大津市北大路3丁目の公園で1日、倒れていた市内の小学1年の女児(6)が病院に搬送後に死亡した事案で、滋賀県警捜査1課と大津署などは4日、女児を暴行し死亡させたとして、傷害致死の疑いで、市内に住む女児の兄の無職少年(17)を逮捕した。

京都新聞様より引用

 

女児が転落死した事故だと思われていたのが、実は兄による傷害致死事件だったのです。

詳細は2021年8月5日時点でまだ明らかとなっていません。

なぜ17歳の兄は6歳の妹を暴行して死亡させたのでしょうか?

その理由について現在分かっている状況から推測してみました。

 

17歳の兄による家庭内暴力の可能性。

理由は17歳の兄による家庭内暴力の可能性が高いのではないかと考えられます。

転落死が一転して致死傷害に変わるという事は、捜査の途中で兄が女児を暴行していた証拠が出て来たという事になります。

その証拠に以下のような報道がされています↓

逮捕容疑は、7月下旬ごろから8月1日、自宅で、女児の腹や背中、顔を足蹴りしたり、殴るなどの暴行を繰り返し、右副腎破裂やろっ骨骨折などを負わせ、1日、外傷性ショック死で死亡させた疑い。

京都新聞様より引用

 

17歳の兄は女児と母親の3人で暮らしていたとの事。

しかし報道された内容を見ると、自宅で顔を足蹴りしたり、殴るなどの暴行を加えていたという記述があります。

という事は母親もその暴行を知っていたはずですよね。

6歳の女児を17歳の男が顔を足蹴りしたり殴ったりして何も痕が残らないはずがありません。

では、なぜ母親は気付かなかったのか…

 

スポンサーリンク

これはあくまで個人的な推測ですが気付かなかったのではなく、止めれなかったのではないでしょうか?

そうでなければ説明がつきませんよね。

恐らく母親も17歳の兄から暴行を受けており、力で抑え込まれて止める事が出来なかったのではないかと考えられます。

捜査の段階で女児の身体に痣などが見付かった為、母親への事情聴取が行われる。

すると母親も暴行を受けていた事が発覚。

兄を再び事情聴取した結果、家庭内暴力をしていたを認める。

このような流れであってもおかしくないのではないでしょうか。

捜査はまだ続いています。

続報が入るのを待ちましょう。

あとがき

いかがでしたか?

今回は滋賀県で起きたジャングルジム6歳女児転落死について検証してみました。

あくまでも個人的な推測である為、信憑性は全くありませんのでご了承下さい。

6歳女児のご冥福をお祈りいたします。