【驚愕!】堀米雄斗の家は6LDK!大豪邸のお値段がエグイ!

東京オリンピックで金メダルを取った堀米雄斗さんの家が凄いって本当?

一体どんな家なんだろう?

大豪邸って聞くと値段も気になる!

と、お思いの方は多いのではないでしょうか。

私も大豪邸と聞いた時はやはりそのお値段が気になってしまいました…(笑)

そこで今回は堀米雄斗さんの大豪邸について調べてみました。

すると衝撃のお値段が明らかになったのです。

これを知ったら皆さんもきっと驚愕してしまうと思いますよ!

 

スポンサーリンク

堀米雄斗さんの経歴

堀米雄斗さんは、父親の影響で6歳の時にスケボーを始められました。

10代前半で既に国内のトップ選手として活躍。

当時の堀米雄斗さんを知る関係者は以下のようなコメントを残されています↓

彼は普通の小学生と違った。人をまねるのではなく自分から人と違う技、誰もできないような技に挑んでいた。

10代で既にオリジナルの技に取り組むとは圧巻の一言ですね。

2014年・2015年には2年連続で日本スケートボード協会の年間グランドチャンピオンに輝いています。

翌年の2016年には活動拠点をアメリカのロサンゼルスに移されました。

2017年、スケートボードのプロツアーストリートリーグで準優勝を果たします。

2018年にはイギリスで行われた同大会で日本人初の優勝を遂げました。

そして2021年7月25日、東京オリンピックのスケートボード男子ストリートにて金メダルを獲得されました。

堀米雄斗さんはこれまでの輝かしい成績で得た賞金を元にアメリカに大豪邸を立てたそうです。

大豪邸と言われたらどんな家なのか気になってしまいますよね!

様々な情報を調査した所、その大豪邸がどんな家なのか明らかとなりましたので是非ご覧下さい!

 

堀米雄斗さんの家は6LDKの大豪邸!

堀米雄斗さんの家はアメリカのロサンゼルスにあり、なんとその間取りは6LDK!

その全容を画像でとくとご覧下さい↓

堀米雄斗さん、大豪邸の間取り

 

リビングルーム。奥に何か見えますが…

 

20代とは思えない規格外の発言

 

ここだけで十分暮らせる程の広いキッチン

 

庭には当然のようにスケートボードの練習場が

 

20代でこれだけの大豪邸を建てるとはエグイの一言ですね…

アメリカのロサンゼルスにこれだけの大豪邸ですから相当なお値段のはずです。

さすがに詳細なお値段までは公開されていませんが、軽く億越えである事は間違いないでしょう。

完全なる個人的な予想では3億円程度ではないかと思われます。

しかし…スケートボードってそんなに高い賞金が貰えるものなのでしょうか?

そこで主要なスケートボードの大会の賞金を調べてみました。

スポンサーリンク

主要なスケートボード大会の賞金

日本国内で行われる大会のほとんどが優勝賞金50万円~70万円との事。

規模の大きなものになれば優勝賞金1,000万円というものもあるようですが日本ではほとんど無いようです。

また、堀米雄斗さんも優勝した事があるストリートリーグの優勝賞金が1000~2000万円。

やはり世界大会ともなると賞金が跳ね上がりますね…

しかしこの賞金だけでは大豪邸を建てる事は難しいと思います。

するとやはりスポンサーによる収入が大きいのでしょう。

堀米雄斗選手が契約しているスポンサー企業は以下の通りです↓

出典:https://job-zukan.jp/professional-skateboarder/11399/

 

スケートボードのブランドが多いだけに聞いた事のない企業名が多いですね…

しかしこれだけのスポンサーと契約を結んでいればあの大豪邸にも納得です。

ちなみに

堀米雄斗さんの次の夢は米国でもっと大きな家を買うとの事。

これ以上大きな家を買って一体どうするんだーって言いたくなってしまいますね(笑)

あとがき

いかがでしたか?

今回は東京オリンピックで金メダルを獲得された堀米雄斗さんの大豪邸について調べてみました。

20代という若さで大豪邸を建てたにも関わらず、更に大きな夢へと突き進む堀米雄斗さんの今後から目が離せませんね。

それでは、今回はこの辺りで失礼します(^^)