村岡桃佳選手のプロフィール有り!父や母など家族構成について調査してみた!

村岡桃佳 プロフィール 父 母 出身
スポンサーリンク

パラリンピックの村岡桃佳選手がかわいいと話題になっていますね。

平昌パラリンピックではなんと5個のメダルを手にした村岡選手。

彼女は一体どのような人物なのでしょうか?

今回は村岡選手とそのご家族についても調査してみました!

スポンサーリンク

村岡桃佳選手のプロフィール

村岡桃佳 プロフィール 出身 父 母
  • 名前:村岡 桃佳(むらおか ももか)
  • 生年月日:1997年3月3日
  • 出身地:埼玉県深谷市
  • 身長:150cm
  • 体重:37kg
  • 学歴:早稲田大学卒
  • 種目:アルペンスキー
  • 所属:トヨタ自動車

村岡選手は4歳の時に横断性脊髄炎に感染し両下肢に麻痺の後遺症が残り車いす生活となりました。

横断性脊髄炎とは?
横断性脊髄炎は、脊髄の幅全体に(横断性に)炎症が起こり、脊髄を行き来する神経信号が遮断される病気です。引用元:https://www.msdmanuals.com/

元々外で遊ぶのが好きだった村岡選手は周りから気を使われるようになり、

外に出ることが怖くなって引きこもりがちになってしまったそう…

しかし、父の秀樹さんと共に様々な車いすを使った障害者スポーツに挑戦し、

中学生の時に森井大輝に憧れてのめり込んだ競技スキーの世界に入ります

森井大輝選手。

その後は地元の深谷市立川本北小学校、深谷市立川本中学校と進学し、

中学3年生の時には早稲田大学本庄高等学院への進学を目指すも、

当時の校舎はバリアフリー化していなかった為に断念し正智深谷高等学校に入学しました。

村岡選手はメキメキと成長し高校在学中に出場したソチパラリンピックでは、

17歳という若さで大回転の5位に入賞します。

このような実績が認められてか高校卒業後はパラスポーツ選手として初めて、

「トップアスリート入試」に合格し早稲田大学スポーツ科学部に入学。

村岡桃佳 プロフィール 父母 出身

早稲田大学時代の村岡桃佳選手。

村岡選手の進学に合わせて原則として寮生活を送る事になる早大スキー部は寮をバリアフリー化。

工事費用600万円の内500万円は大学側が負担し残り100万円は匿名の寄附により賄われたそう。

これを機に早大はキャンパスのバリアフリー化を推進するようになったと言います。

 

平昌パラリンピックで5つのメダルを獲得

平昌パラ:金メダル手に村岡桃佳「一番見たかった景色」 | 毎日新聞

平昌パラリンピックで金メダルを獲得した村岡桃佳選手。

早稲田大学にご入学された村岡選手は21歳の時に出場した平昌パラリンピックで、

なんと2つの金メダルを含む合計5つのメダルを獲得されました。

  • 女子大回転(座位):金メダル
  • 女子滑降(座位):金メダル
  • 女子回転(座位):銀メダル
  • 女子スーパー大回転(座位):銅メダル
  • 女子スーパー複合(座位):銅メダル

村岡選手は合計5種目に出場しましたので全ての種目でメダルを獲得した事になりますね。

しかもこの記録は冬季パラリンピック大会に於いて日本選手史上最多獲得メダル数でした。

そんな偉業を成し遂げた村岡選手ですが日本史上最多メダル獲得では満足せず、

2021年に開催された東京パラリンピックへ出場する事を表明します。

 

村岡桃佳選手・東京パラリンピックへ出場

村岡桃佳 プロフィール 父 母 出身

東京パラリンピックに出場した村岡桃佳選手。

村岡選手は夏季・冬季を通じたメダリストという偉業達成を目指し、

東京パラリンピックで陸上競技・100m(T54/車いす)に出場したのです。

この夏季・冬季パラリンピックへの出場を機に村岡選手は『二刀流』と呼ばれるようになりました。

この挑戦は村岡選手が幼い頃に抱いた「陸上競技でパラリンピックに出場したい

という強い思いが背中を押したと言います。

結果的にメダル獲得はならなかったものの、予選でのタイムを上回り6位入賞を果たしました。

当時のインタビューで村岡選手は以下のように答えています↓

村岡桃佳 プロフィール 父 母 出身

競技を終え、笑顔の村岡桃佳選手。

「苦しかったし、大変なこともすごくたくさんあったし、悩んだりしたこともあったけど、陸上競技でパラリンピックに出たいという夢と、挑戦を始めてから東京大会を目指したいという目標を見つけて、今はそれを達成することができたので後悔は全くない。すごく大変だったけど、何よりも楽しかった。予選でゴールしたときの景色と、決勝でゴールしたときの景色は全然違っていた」

引用元:://www.parasapo.tokyo/topics/63494

そして東京パラリンピックへの挑戦からわずか半年足らずの2022年3月5日、

村岡選手は冬季北京パラリンピックの舞台へと舞い戻る事となりました。

前回大会の冬季平昌パラリンピックで5つのメダルを獲得された村岡選手、

冬季北京パラリンピックでは一体どれだけの活躍をしてくれるのか本当に楽しみですね。

スポンサーリンク

村岡選手の父親・秀樹さん

村岡桃佳 父 秀樹

村岡桃佳選手の父・秀樹さん。

村岡選手が4歳の時に病気で車いす生活になった娘の気持ちを理解したいと、

秀樹さん自身が車いすを使ったスポーツを始めたそうです。

車いすテニスや車いすバスケ、ソリを使ったパラホッケー、その中でも車いすマラソンでは、

父娘そろって表彰台に乗る程打ち込んだと言います。

お父様の秀樹さんが桃佳さんの気持ちを理解したという気持ちが、

今の桃佳さんのアスリート人生に繋がっている訳ですね。

親子の絆が最高の結果を産み出す良い例なのではないでしょうか。

 

村岡桃佳選手の母・操さん

村岡桃佳 母 操

村岡桃佳選手の母・操さん。

村岡選手が早稲田大学へ入学が決まり学生寮に入る事が決まった際に、

事前見学に訪れたのが母親の操さんだったそうです。

村岡選手の日常生活を全て知る母親の操さんだからこその着眼点で、

当時バリアフリー工事中だった学生寮についてスキー部監督の倉田秀氏と意見交換をしたとの事。

同じ女性だからこそ分かる気持ちは母親である操さんにしか分からない事と言えますね。

 

村岡桃佳選手の兄・弥沙紀さんと姫佳さん

村岡桃佳 兄 妹

村岡桃佳選手の兄・弥沙紀さん(左)と姫佳さん(右)

村岡選手には兄の弥沙紀さんと、妹の姫佳さんがいます。

この画像は村岡選手が平昌パラリンピックに出場した際に開かれた、

パブリックビューイングでのお姿です。

お名前以外の情報は発見する事が出来ませんでしたがYoutubeに、

母・兄・妹さんが映っている動画がありましたのでご覧下さい↓

このようにご家族皆さんの協力があったからこそ、

桃佳さんの現在の活躍に繋がっているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

あとがき

いかがでしたか?

今回は北京パラリンピックでメダル獲得が期待される村岡桃佳選手について調査してみました。

今度は一体何個のメダルを獲得してくれるのか非常に楽しみですね!

それでは、今回はこの辺りで失礼します(^^)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA