金メダルの交換費用(値段)はいくら?約10万円程度と判明!河村たかし市長へは請求しない事が発表される。

名古屋市長である河村たかしさんが金メダルを噛んだ件で、IOCが交換対応をする事を発表し話題になっていますね。

河村たかし市長当ては既に市民から7500件もの抗議の電話が来ているそうです。

オリンピックの金メダルは選手が一生をかけて獲得する大事なもの。

しかし、交換して貰えるとするとお値段が幾らかかるのか気になりませんか?

そこで今回は河村市長が噛んだ金メダルの交換費用を予測してみました!

スポンサーリンク

名古屋の河村たかし市長が金メダルを噛んで話題に。

2021年8月4日、東京オリンピックで金メダルを獲得した後藤希友選手が名古屋市役所を表敬訪問した際にそれは起こりました↓

河村たかし

金メダルを噛む河村たかし名古屋市長

東京オリンピックでの女子ソフトいボールで金メダルを獲得した名古屋市出身の後藤希友投手(20)が名古屋市役所を表敬訪問。河村たかし市長に金メダル獲得を報告したが、金メダルを首にかけてもらうと、突然「ガブリ!」と金メダルにかみついてしまった。

スポニチアネックス様より引用

 

なんと、明らかに後藤希友選手の物である金メダルにガブリと嚙みついたのです。

ちょっと常識では考えられない行動ですよねこれは…

この行動には数多くの批判の声が噴出しました↓

今回は3件だけ礼を挙げましたが、これ以外に数多くの著名人からも非難する声が多く挙がっています。

こういった状況を踏まえて、JOCは河村たかし市長が噛んだ金メダルを交換する事を発表しました↓

東京オリンピック・ソフトボールの後藤希友選手の金メダルに、名古屋市の河村市長が突然かみついた問題で、12日、組織委員会は、メダルを新しいものに交換すると発表しました。 河村市長は12日の会見で、費用について、「負担させていただきます」と発言していましたが、最終的にIOCが負担することになりました。

日テレNEWS24様より引用

 

当初は交換に掛かる費用は河村たかし市長に請求するとされていましたが、費用もIOCが負担する事となりました。

本来は金メダルに欠陥が認められた時のみ交換対応をするそうなのですが、今回は反響を鑑みて特例を認めたそうです。

しかし、どうしてIOCが負担するのか筆者の私には理解できませんね…

噛んだ本人が筋だと思いますが…何か裏で忖度が働いているような気がします…

それはそうと、この金メダルの交換には費用が幾ら掛かるのか気になりませんか?

そこで、金メダルの交換費用が幾らぐらいなのかについて調べてみました!

スポンサーリンク

金メダルの交換費用は幾ら?

金メダルの交換に掛かる費用はいくらなのでしょうか?

東京2020金メダル

東京オリンピックの金メダル

その費用を知る為にはまず金メダル1個の値段を計算しなくてはなりませんね↓

東京オリンピックの公式サイトによると、五輪の金メダルの総重量は556g。世間の関心度はほぼゼロだったと思いますが、夏季大会としては記録を更新いたしました。気になる金の含有量ですが「純銀に6g以上の金メッキ」と記されています。「以上」というやや曖昧な表現に「7gや8gもあり得るのですか!?」と質問もしたくなりますが、過去の大会の例からも、おそらく規定ギリギリの6gジャストと推測されます。

オールアバウト20thマネー様より引用

という解説がありました。

しかし、文章だと非常に分かりづらいので分かり易く説明します。

金メダル一個当たりの金属の割合は↓

  • 金6g
  • 銀550g

そして金と銀の1g当たりの小売価格は↓

※2021年8月12日の価格を参考にしています。

  • 金1g=6,916円
  • 銀1g=95.70円

これを東京オリンピックの金メダルの総重量に掛けると↓

  • 金6g=41,496円
  • 銀550g=52,635円

となり、東京オリンピックの金メダル1個の値段は94,131円である事が分かりました。

純粋に金メダル1個のみの金額を求めると意外とリーズナブルな事が分かりますね。

また、今回の交換に当たって新品を作り直すという事は考えにくいでしょう。

恐らく万が一の紛失などに備えて予備で用意していたものと交換するのではないかと思われます。

しかし実際には製造過程で人件費など様々な費用が掛かっていますよね。

それを考慮すると金メダル1個当たりの金額は…10万円程度であると想定する事が出来ます。

金属の価格だけで見れば決して高いものではありませんが、金メダルの価値という視点で見れば何戦万円はくだらないでしょう。

むしろ、値がつかない物だと思います。

こんな大事なものに噛みつくだなんて2度と起こってほしくないですね。

あとがき

いかがでしたか?

今回は河村たかし名古屋市長が噛んだ金メダルの交換費用が幾ら掛かるのかについて調べてみました。

一生をかけて臨むオリンピックで獲得したメダルはその人の努力の証です。

噛んだり自由に扱って良いのはご本人だけであると心得てほしいものですね。

それでは、今回はこの辺りで失礼します(^^)