高梨沙羅がスーツ規定違反なのはなぜ?浮力が増してしまうからと判明!

高梨沙羅 スーツ規定違反 なぜ
スポンサーリンク

北京オリンピックのスキージャンプ混合団体で高梨沙羅選手の、

1回目のジャンプが失格となり物議を醸していますね。

なぜ高梨選手は失格となってしまったのでしょうか?

調査してみました!

スポンサーリンク

北京オリンピックスキージャンプ混合団体で高梨沙羅選手が失格に。

2022年2月7日、北京オリンピックのスキージャンプ混合団体で高梨沙羅選手の1回目が失格となり物議を醸しています↓

高梨沙羅 スーツ規定違反 なぜ

悔しさに顔を歪める高梨沙羅選手。

日本代表は高梨沙羅(25)が先陣を切り、1回目で103メートルの大ジャンプ。124・5点と表示されたが、まさかのスーツ規定違反との判定で記録なしとなった。高梨は納得の笑顔を見せ、3位に大差の2位につけたかと思われたが、直後にスーツの規定違反が判明。まさかの失格によりポイントは入らなかった。状況を知った高梨は号泣。関係者に支えられて引き上げた。

デイリー様より引用

この報道に対して世間からは以下のような声が上がっています↓

こういうのは飛ぶ前に確認すべきでしょ。
ボクシングの計量みたいなもので。
何で飛んで記録出してから失格なの。
全く納得できない。
せっかく個人から切り替えて良いジャンプしたのに…
チームでチェックしてるものではないの?
こんなかわいそうなことはない!
ドーピングじゃあるまいし、なぜ試合中なんなら跳んだあとにわかる仕組みなの?
普通競技前にやるもんじゃないの?
まず、そういうことから変えていかないとこの競技の発展はないかもね

ジャンプを行ってから違反が発覚するという仕組みに対して批判の声が上がっていますね…

ではなぜ高梨選手は失格となってしまったのでしょうか?

調査してみた結果、浮力が増してしまうからだと判明しました。

 

高梨沙羅選手がスーツ規定違反で失格になった理由

高梨沙羅 スーツ規定違反 なぜ

出典:https://news.yahoo.co.jp/

結論から申し上げると、飛躍後の無作為による検査で太ももまわりのスーツのサイズが、

左右各2センチずつ大きかった事で浮力が増してしまうと判断された為です。

日本女子チームの横川朝治ヘッドコーチは「選手は僕らの用意したスーツを着てそのまま飛ぶので、

僕らスタッフのチェックミスです」と話しているそう。

では、もう少しわかりやすくご説明しましょう。

空中で浮力に影響するジャンプスーツはFIS(国際スキー連盟)によって厳しく規制されています。

サイズは選手の体にフィットしている必要があり余裕は男子が1~3センチ以内

女子は2~4センチ以内と規定されているとの事

今回高梨選手は1本目のジャンプ後の抜き打ち検査でノーマルヒルでも着用していたスーツの、

太腿回りのサイズが規定を2センチオーバーしていたことが判明し失格となりました。

スーツに余裕があれば空中で空気を溜める事ができる為、厳しい規定が設けられているんだそう。

このスーツは基本的にギリギリの数値で製作されており選手の体形の微妙な変化や、

生地の伸縮などで違反とされるケースがありW杯では失格者がちょくちょく発生するとの事。

高梨選手自身W杯では過去に2度失格を経験していました。

ギリギリで作られている為選手達もパンプアップして一時的に筋肉を増大させ対応しますが、

今回高梨選手は上手く出来なかったようです。

前日のノーマルヒル個人で4位という成績に終わってしまった事で精神的に落ち込んでしまい、

食欲の減退などがあり体重が落ちてしまったのかもしれませんね…

スポンサーリンク

相次ぐ失格者に疑問の声

1回目のジャンプが全員終わった時点で、

ソチ五輪日本代表の竹内択選手が以下のようにコメントされていました↓

ソチオリンピックの日本代表だった竹内拓氏。

「1人が失格ってことはあるんですけど、ドイツもオーストリアもっていう。いままでワールドカップでもないような試合展開ですね」と語った。

デイリー様より引用

なんと1回目のジャンプで失格となったのは高梨選手だけではなく、

ドイツとオーストリアの選手も失格になっていたのです。

更に2回目のジャンプと合わせると最終的に5人が失格となる事態に。

しかも失格者は全て女性という結果。

失格となってしまった選手は以下の通り↓

  1. 高梨沙羅選手
  2. オーストリアのダニエラ イラシュコ・シュトルツ選手
  3. 女子ノーマルヒルで銀メダルを獲得したドイツのカタリナ・アルトハウス選手
  4. ノルウェーのアンナ オディーネ・ストロン選手
  5. ノルウェーのシリエ・オップセット選手
高梨沙羅 スーツ規定違反 なぜ

出典:バイキング様より。

失格者が続出する事態に国際スキー連盟の吉田千賀レースディレクターは、

NHKの取材に以下のようにコメントをされています↓

国際スキー連盟の吉田千賀氏。

「測り方はいつもと一緒だ。スーツが個人戦のノーマルヒルと同じでも、その時に何を抜き打ちで検査されたかはわからない。選手によってはオリンピック仕様で新しいスーツを着ている場合もあるし、トップ選手は規定のギリギリのところまで攻めるスーツを着ているので、違反が出たのではないか」と分析しました。

そのうえで「個人戦でなく団体戦で、かぎられた10チームの選手だけなので、抜き打ちといってもほとんどの選手が検査されたため、多くの規定違反が出たのではないか」と種目が混合団体だったことも影響し、規定違反が相次いだとの見方を示しました。

NHKニュース様より引用

ほとんどの選手が検査された為に多くの規定違反が出たという事は、

常にほとんどの選手が違反をしているという事になりますね…

それでは競技自体が成立していないようにも感じます。

何かと物議を醸している北京オリンピック。

公平な審判が下されている事を願うばかりですね…

スポンサーリンク

 

あとがき

いかがでしたか?

今回は高梨沙羅選手がスキージャンプ混合団体の1回目で失格になった理由について調査しました。

無情とも思える結果ですが、胸を張って前に進んで欲しいですね…

高梨選手には北京オリンピックのノーマルヒル個人で4位に終わった事に対して、

メイクへの批判が上がっているようです↓

高梨沙羅のメイク批判は時間が掛かるから?前と後を画像で比較したら凄い変化だった!

それでは、今回はこの辺りで失礼します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA