張本勲氏に苦情が殺到!老害・嫌いという声が多いのに起用され続けるのはなぜ?

野球評論家の張本勲氏がサンデーモーニングで問題発言をし話題になっていますね。

張本勲氏は元プロ野球選手で大活躍されていた事でも有名です。

そんな張本勲氏に苦情が殺到し、嫌いという声が多く挙がっているというのをご存知でしょうか?

そこで今回は張本勲氏に寄せられた苦情や嫌いという声について調べてみました。

スポンサーリンク

張本勲氏の発言に苦情が殺到。

2021年8月8日に放送されたサンデーモーニング内で張本勲氏が以下のような発言をし物議を醸しました↓

8日の放送に出演した張本勲さんが「嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合ってね。こんな競技好きな人がいるんだ」などと発言した。

中日スポーツ様より引用

 

これは東京オリンピックの女子フェザー級で日本女子初の金メダルを獲得した入江聖奈選手について紹介していた時の事でした。

東京オリンピックで金メダルを獲得した入江聖奈選手

ボクシングという競技に対する理解もなく性差別とも取れる発言ですよね。

競技に臨まれる方々は真摯に向き合いスポーツマンシップに乗っ取って行われているものと思います。

この発言に対して日本ボクシング連盟の内田貞信会長がTBSに抗議文を送ったとの報道が↓

11日、東京五輪女子フェザー級で日本女子初の金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)を扱ったTBS系テレビ情報番組「サンデーモーニング」で競技への理解に欠けた発言があったとして、TBSに抗議書を送付したことを明らかにした。

中日スポーツ様より引用

 

張本勲氏はきっと個人的な感想を述べたのでしょう。

ですが、殴り合う事が好きでボクシングを始めた訳ではない事ぐらいは誰にでも分かりますよね。

また、ボクシングはただ殴り合う競技ではありません。

技術、精神、体力、全てが揃っているからこそ成立する競技だと思います。

コメンテーターとしては最低なこの発言に世間からは苦情が殺到しました。

スポンサーリンク

張本勲氏に対する苦情が殺到

張本勲氏に対する苦情がSNS上で殺到しました↓

張本勲氏本人だけではなく、番組にも苦情が殺到しています。

テレビ番組でなくても、誰かを否定するというのは気持ちの良いものではありませんよね。

その上張本勲氏の発言は結構過激なので注目を集めやすいのではないかと思います。

そんな張本勲氏にはやはり嫌いだという声が多く挙がります。

 

張本勲氏に嫌いという声が多数

否定する意見を述べる事が多い張本勲氏には嫌いという声が多く挙げられています↓

と、このように張本勲氏に対して老害、嫌いだからサンデーモーニングを見ないという声も上がっています。

そこで気になる疑問が一つ浮かびます。

以前から過激発言が目立つ張本勲氏ですが、なぜ起用され続けているのでしょうか?

それには意外な理由がありました。

 

張本勲氏が起用され続ける理由。

その理由は、起用される番組において視聴者層とマッチしているからというもの。

苦情が殺到してサンデーモーニングを例にあげてみましょう。

下の画像はサンデーモーニングの過去に放送された回の一部をトリミングしたものです↓

ご覧頂くと分かるとおり、平均年齢がかなり高めですよね。

元々サンデーモーニングの視聴者は高齢者の方が多いので、ゲストも自然と高齢の方が多くなります。

つまり、張本勲氏は若者には不評だが高齢者の方には好評なのです。

現代の若者と高齢者では感覚が違い過ぎますよね。

若い世代が見れば入江聖奈選手は競技と真摯に向き合っているボクサーですが…

張本勲氏世代の方が見れば、嫁入り前の女の子が殴り合いをしている…

という風に差が出てしまうんですね。

先ほども述べた通りサンデーモーニングの視聴者は高齢者の方が多いので、共感を呼びやすい張本勲氏を起用し続けるのです。

最近では高齢者が好みそうな番組は減りましたし、こういった番組が残り続けるのには一端の役割があると考える事が出来るのではないでしょうか。

あとがき

いかがでしたか?

今回はサンデーモーニングで張本勲氏がした発言に苦情が殺到している件について調べてみました。

番組の打ち切り説も呟かれていますので今後の展開にも注目しておきたいですね。

それでは、今回はこの辺りで失礼します(^^)