水谷隼がメガネを掛けているのは照明のせい!ブランドはどこの物?

水谷隼 金メダル

水谷隼さんが卓球の試合でメガネをかけているけど、どこのブランドなんだろう?

凄い特徴的だけど、どうしてメガネをかけてるんだろう?

と、気になった方も多いのではないでしょうか?

私もテレビで観て凄い特徴的だなと気になっていました。

そこで今回は水谷隼さんがメガネを掛けていた理由やそのブランドについて調べてみました!

この記事を読んだ皆さんも欲しくなってしまうかもしれませんよ!

スポンサーリンク

混合ダブルス優勝時に水谷隼さんが着用していたメガネが話題に!

2021年7月26日に卓球の混合ダブルスで水谷隼さん&伊藤美誠さんペアが金メダルを獲得され話題となりました。

2019年からペアを組んでいるお2人がたったの2年で世界№1となった訳ですね。

日本の卓球界史上初の金メダルという事もあり大きな反響を呼んでいます。

金メダルを嬉しそうに掲げる水谷隼さんと伊藤美誠さん

フルゲームの末に金メダルを獲得したお2人ですが世間では別な所にも注目が集まっていました。

それが、水谷隼さんのメガネです↓

メガネを掛けている水谷隼

メガネを掛けながらプレーする水谷隼さん

 

ご覧頂くと分かる通りかなり特徴的なメガネですよね。

他の選手を見てもこのような姿はほとんど見掛けません。

調べた所、2018年頃からこのメガネを掛けてプレーをされているようです。

ではなぜ最近まで掛けていなかったのにメガネを掛けるようになったのでしょうか?

その理由とメガネのブランド等についても調べてみました!

 

水谷隼さんがメガネを掛けている理由

調べた所水谷隼さんがメガネをかけている理由は、正面に照明があると見えにくいからとの事。

卓球の球は現在『白』で統一されています。

日本で製造されている最高品質の卓球の球

当ブログの筆者も卓球経験者なので良く分かるのですが、照明と球が重なると完全に見えなくなるんです。

ただでさえ小さい球が時速300km近くで照明と重なって飛んで来たら打ち返せるはずがありません(笑)

そんな理由からで水谷隼さんはメガネをかけるようになったんですね。

また、水谷隼さんは元々視力に問題を抱えており2013年と2018年にレーシックの手術を受けていました。

卓球は相手の打った球の回転を見極めて返球をしますので視力は選手の成績に大きく関わります。

レーシックの手術をした2018年頃からメガネを掛け始めていますし、術後の経過を見てこの選択をされたのかもしれませんね。

 

水谷隼さんが掛けているメガネのブランドは?

水谷隼さんが掛けているメガネは

swansのイーノックスニューロンというシリーズです。

 

ちなみに、水谷隼さんがかけているのはメガネではなくサングラスなのでお間違いなく(笑)

視力自体はコンタクトレンズで矯正しているという事ですね。

良く見てみるとフレームがレンズの下についています。

これはアンダーテンプルデザインといって重心を低くする事でズレるのを最小限に抑える効果があるのだそう。

陸上競技として多くのマラソンランナーなどが使用しているとの事

卓球は細かく跳ねながら動くのでズレないという点はかなり大きいですね。

また、試合中の水谷隼さんを良く見てみると額に白いバンドみたいのものを付けられています↓

額から後頭部に掛けて白いバンドがある

このバンド実は、耳に掛ける部分とバンドの摩擦でサングラスがズレないようにする為につけているんだそう。

一流のプレーヤーは技術だけではなくこのように細かい所にまで拘っているんですね。

あとがき

いかがでしたか?

今回は東京オリンピックの混合ダブルで優勝した水谷隼さんが着用していたサングラスについて調べてみました。

卓球界初の金メダルを獲得した時に着用していたサングラスですから、これから物凄く流行るかもしれませんね!

 

 

それでは今回はこの辺りで失礼します(^^)