スポンサーリンク

長野県軽井沢・電動キックボード死亡事故女性の名前や顔画像は?本当の被害者はバス会社。

長野県 軽井沢 キックボード バス 死亡 30代 女性 名前 顔画像
スポンサーリンク

長野県軽井沢町で電動キックボードとバスが衝突する事故が発生し注目を集めています。

この事故で30代の女性が死亡しました。

では、30代の女性はどんな人物だったのでしょうか?

調べてみました。

スポンサーリンク

長野県軽井沢町で電動キックボートとバスが衝突する事故。

長野県 軽井沢 キックボード バス 死亡 30代 女性 名前 顔画像

事故発生当時の様子。

長野・軽井沢町の国道で、1日、電動キックボードと高速バスが衝突する事故があり、30代の女性が死亡した。

引用:FNNプライムオンライン

この報道に世間からは以下のような声が上がっています↓

男性
男性
信号無視してバスに突っ込み、自爆したわけだから、至極当然の結果で、災難なのはぶつけられたバスと乗客である。
女性
女性
報道だとバス側の信号は青だったみたいだけど、もしキックボード側が赤信号にもかかわらずいきなり飛び出して来たとしてたら亡くなられた方には申し訳ないが、バスの運転手さんが気の毒でならない。
男性
男性
そりゃ無免許防具なしで走れる許可出したんだからこうなる事が起こるなんて分かりきってたでしょう。 交通違反に反則点数なんてものもないので自由に走るでしょ。 あんまり国のせいにしたくないけど改悪しないでちゃんとした道交法を適用するべきだったね。

バスの運転手が気の毒だという声が多く挙がっていますね…

では、死亡してしまった30代の女性は一体どのような人物なのでしょうか?

調査してみました。

 

バスと衝突して死亡した30代女性の名前や顔画像は?

※画像はイメージです。

  • 名前:不明
  • 年齢:30代
  • 住所:不明
  • 職業:不明
  • 容疑:不明

2023年12月2日10:00現在、キックボードに乗っていた30代女性の名前や顔画像は公開されていません。

事件の被害者は名前や顔画像が公開されるのに、事故を起こした張本人の名まえや顔画像が公開されないのは不自然でなりませんね…

2023年12月1日の午後4時前に軽井沢町長倉(ながくら)にある国道18号の丁字路交差点で、

「キックボードに乗っていた人がバスとぶつかった」と、通りかかった人から消防に通報がありました。

この事故で電動キックボードに乗っていた30代の女性が死亡しました。

バスを運転していた埼玉県の56歳の男性と乗客4人に怪我はありませんでした。

なお、交差点の信号は大型バス側が青だったとみられるということです。

大型バスは信号が青で走行をしていますので、キックボードで走行していた女性に過失があるという事になりますね。

バスの運転手が気の毒だという声が上がるのも当然と言えるでしょう。

自身に過失が無いとはいえ人の命を奪ってしまった事になりますので、スッキリ忘れる事など出来ないでしょうから…

 

スポンサーリンク

事故が発生した現場はどこ?

長野県 軽井沢 キックボード バス 死亡 30代 女性 名前 顔画像

事故が発生した現場。

事故が発生した現場は軽井沢町長倉(ながくら)にある国道18号の丁字路交差点と報道されています。

現場は丁字路の交差点で御代田町方面から軽井沢駅方面に向かっていた大型の高速バスと、

30代女性が乗っていた電動キックボードが衝突したということです。

時間は午後4時と報道されていますので、決して暗くて見えづらかった訳ではないでしょう。

30代の女性側が信号を無視していた事になりますので、きっと大丈夫だろうという気持ちで丁字路に飛び出したのかもしれません。

仮に信号を無視している自覚があるとすれば左右の確認ぐらいはするでしょうから、

スマホを操作するなど前を見ていなかった可能性があります。

近年電動キックボードによる事故が多発しており社会問題になっていますね。

今回は30代の女性が命を落とす結果となりましたが、逆に加害者として人の命を奪ってしまう可能性もあります。

国による法整備はもちろんの事、一人一人がルールや節度を持って運転をして頂きたいものです。

 

スポンサーリンク

30代女性の遺族は罪に問われる?

※画像はイメージです。

今回の事故で30代の女性は死亡してしまいましたが事故の責任が30代女性にあるとしたら、

遺族などが損害賠償請求をされる事はあるのでしょうか?

30代女性の遺族は存在賠償請求をされる?
加害者が交通事故の後に死亡した場合でも、損害賠償を請求することができます。加害者に対する損害賠償請求権は、加害者の相続人が相続放棄をしないかぎり、原則として加害者の相続人が相続するからです。したがって、加害者の死亡以降は、加害者の相続人(遺族)に対して損害賠償請求していくことになります。【引用:川崎あすか法律事務所】

この場合バス会社が30代女性の遺族に損害賠償請求をする事は可能なようです。

衝突したのがキックボードとはいえ車両にへこみなどが出来ているかもしれませんね。

また、バスの運転手が負った精神的なダメージは計り知れません。

2度とこのような事故が起こらない事を願うばかりです…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA