日本製鉄広畑地区の被ばく事故が報道されない理由が闇深いと話題!

日本製鉄の工場で大量被爆の事故があったらしいけど、どうしてテレビとかで報道されないんだろう?

結構大きい事故だと思うのに報道されないのっておかしくない?

と、疑問に思っている人は多いのではないでしょうか?

私もここまで大きな事故なのに報道されない事について疑問に思います。

そこで今回は日本製鉄広畑地区の工場で起きた被爆事故に関して調査してみました。

良く調べてみると中々闇が深そうな事故である事が判明したのできっと誰もが驚愕してしまうのではないかと思います。

日本製鉄広畑地区の被爆事故が報道されない理由が闇深いと話題。

2021年5月29日に兵庫県姫路市広畑区の日本製鉄瀬戸内製鉄所広畑地区でエックス線による測定装置を点検していた50代と30代の男性社員2人が体調不良を訴えていた事が6月3日に判明しました。

しかし、重大事故にも関わらずニュースなどで大きく取り上げられておらず本来であれば厚生労働省が会見をするレベルであろうという声が上がるなど話題になっています。

そこで今回はこの事故に関して徹底的に調査をしまとめてました。

 

スポンサーリンク

日本製鉄広畑地区の被爆事故に対しての世間の声

この事故に関してネット上ではこのような声が多く上がっています。

純粋に心配する声や、詳細なデータを発表して欲しいという声が多く呟かれています。

今回の事故の特徴はとにかく報道などで発表されている内容が少ない事です。

 

日本製鉄の広畑工場での被爆事故に関する情報はほとんど明らかにされていない

本来であればこのような事故が起こった場合は速やかに会見などが開かれ情報が発表されますが、今回は情報がほとんどと言って良いほど明らかにされていません。

このような状況にネットでは隠蔽だ、闇が深すぎるという声まで上がっています。

では今回の事故においてどのような点が隠蔽や闇深いと言われる理由になっているのでしょうか?

まとめると以下のようになります。

  1. 男性社員2名の被爆量や容体が未発表
  2. 事故から約1週間が経過しても事故の発表や近隣住民への説明が無い
  3. 関連会社で死亡事故が多発している

一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

男性社員2名の被爆量や容体が未発表

今回の事故によって2名の男性社員は放射線を扱う人の年間被ばく量の限度である50ミリシーベルトの数倍~数十倍の量をたったの1日で浴びてしまった可能性があるというのです。

またNHKの取材に対し日本製鉄は、この被爆によって2名の男性社員が現在どのような容体にあるかを負傷者のプライバシーに配慮し詳細を控えるとし発表していません。

しかし、5月29日の点検作業終了後、同日に体調不良を訴えている事から急性放射線症候群にかかっているのではないかと言われています。

急性放射線症候群とは、全身に1グレイ(1,000ミリグレイ)以上の放射線を一度に受けた場合、様々な臓器・組織に障害が生じ、複雑な臨床経過をたどります。この一連の臓器障害を、急性放射線症候群と呼びます。この時間経過をみると、典型的には、前駆期、潜伏期、発症期の経過をたどり、その後、回復するか死亡します

環境省HPより引用

恐らく人の命に関わるであろう大事故にも関わらず内容を発表しないのは、何かもっと大きな事を隠蔽しようとしているからなのではないかと噂されているのです。

 

スポンサーリンク

事故から約1週間が経過しても事故の発表や近隣住民への説明が無い

5月29日に事故が判明してから6日経った6月3日時点で、事故に対する発表や近隣住民への説明は全くされていませんでした。

同社(日本製鉄)は3日現在、事故の発表や近隣住民への説明をしていない。広報担当者は「近隣への影響がないため広報していない。警察などには報告しており、事故を隠したという認識はない」と説明した。

神戸新聞NEXT様より引用

 

貴方ならこの日本製鉄の対応をどう感じますか?

室内で起こった事故だし外に放射線が漏れた訳じゃないからわざわざ発表しなくて良いよね。警察には報告したんだし。

と言われて納得できますか?

私だったら到底納得出来ませんね…

今回は外に漏れていなかったとしても次に同じ事故が起こった時に外に漏れない保証なんてないですし、そもそも何も情報を明らかにしないのだから仮に外に漏れていたとしても発表しないんでしょ?と思ってしまいます。

大きく取り上げられるかどうかは別として、近隣住民への説明義務はあるように感じますし知る権利もあるのではないかと私は思います。

関連会社で死亡事故が多発している。

何とこのような報道も合わせてされていました↓

同製鉄所広畑地区では、5月21日に関連会社社員が一酸化炭素中毒で死亡。26日には足場を解体中の下請け会社作業員が転落死するなど事故が相次いでいる。

神戸新聞NEXT様より引用

関連会社だけでわずか10日の間に事故が3件も発生しその内2件が死亡事故、そして今回の被爆事故です。

このような事故が短い期間で立て続けに偶然発生する事などあるのでしょうか?

何らかの管理体制の不備があって必然的に発生したと考えるのが自然ですよね。

このような状況にも関わらず詳細を明らかにしないのは、更なる重大な何かを隠蔽していると捉えられても仕方がないのではないかと思います。

 

まとめ

立て続けに発生している重大事故を発表しないという事実。

そしてこの事実を報道しようとしない各テレビ局。

このような状況から何らかの力が裏で働いており、闇深いと言われているのです。

あとがき

いかがでしたか?

今回は日本製鉄広畑地区の被爆事故に関して調べてみました。

詳細が発表されていないので分からない事が多いのですが、近隣住民の方や被害にあった方々、ご家族の方々の気持ちに寄り添った対応を今後して行って貰いたいものですね。

それでは、今回はこの辺りで失礼します(^^)