ユーフォーテーブルの脱税が2回目というのは勘違い!1年掛けてようやく確定へ。

ユーフォーテーブル有限会社に脱税が発覚し注目を集めています。

ユーフォーテーブルと言えば大人気アニメ鬼滅の刃を制作している事で有名ですね。

しかも脱税をしたのが今回で2回目なのではないかと話題になっているのです。

そこで今回は、フォーテーブルの脱税について調べてみました!

 

スポンサーリンク

ユーフォーテーブルに脱税が発覚。

2021年9月17日、アニメ鬼滅の刃を制作している事で有名なユーフォーテーブルが脱税をしていた事が報道されます↓

初公判の様子(出典:日テレNEWS24)

「鬼滅の刃」など人気アニメを制作する会社とその会社の社長が、所得を隠し脱税したとして、法人税法違反の罪などに問われている事件の初公判が開かれ、社長は「脱税してしまいました。申し訳ありません」などと述べました。

日テレNEWS24様より引用

 

鬼滅の刃ほどの大ヒット作を制作している会社の脱税はかなり驚きですよね…

この報道に世間からは以下のような声が挙がっています↓

このように子供に夢を与えてるのに脱税なんて辞めて欲しいなど、批判的な声が多く挙がっています。

そしてもう一つ多く挙がっていた声がありました。

それが、ユーフォーテーブルの脱税って今回で2回目じゃない?

前にも脱税の報道があったような…

という声です。

そう、実はユーフォーテーブルは2020年にも脱税が報じられていたのです。

では今回で2回目の脱税という事なのでしょうか?

実はこの報道、実に凄く分かりづらくされていたのです。

そこで今回はユーフォーテーブルの脱税について分かりやすくご説明したいと思います。

 

ユーフォーテーブルの脱税は2回目?

ユーフォーテーブル

出典:ユーフォーテーブル公式サイト

ユーフォーテーブルの脱税は2回目なの?

という声が多く挙がっているというお話をしましたね。

皆さんどうぞご安心下さい。

ユーフォーテーブルの脱税は今回が初めてです。

※1回目でもダメなものはダメなので全然安心出来ませんね(笑)

では、なぜ2回目なのかという疑問の声が多く挙がっているのでしょうか。

その理由をご説明致しましょう。

スポンサーリンク

ユーフォーテーブル、脱税の経緯。

ユーフォーテーブルの脱税が2回目だと勘違いされているのには理由がありました。

それは報道のされ方です。

順を追ってご説明致しましょう。

2020年6月にユーフォーテーブルの脱税が報道されました↓

アニメ制作会社・ufotable(ユーフォーテーブル有限会社)および代表をつとめる近藤光さんが、東京国税局から告発を受けた。

NHKなどによると、2015年から2018年までに会社の所得、4億4600万円を隠し、法人税と消費税あわせておよそ1億4000万円を脱税した疑いがあるという。

KAI-YOU様より引用

 

この報道に対してユーフォーテーブルの公式twitterには謝罪文が掲載されます↓

あの空前の大ヒットアニメ、鬼滅の刃の制作会社で有名な会社だっただけに残念がる声が多く挙がっていましたが…

公式の謝罪と時間の経過によっていつしか騒動は収束を迎えます。

しかし、2021年9月17日に再び脱税の報道がされました↓

ユーフォーテーブル脱税

Yahoo!ニュースに掲載された脱税の記事(出典:Yahoo!ニュース)

しかしこの記事、大切な事を書き忘れているのです。

それは日付です。

ユーフォーテーブルが告発されたのは2020年の6月。

1年以上も前の事件について記事を書いているにも関わらずその旨を記載していないのです。

つまり先ほどご紹介した記事は本来であれば…

2020年6月に東京国税局から告発をされ、法人税法違反の罪などに問われている事件の初公判が…

のように、日付が書かれているべきだったのです。

その記載が無かった為にまた脱税?!と勘違いしてしまった人が多く現れてしまったという訳ですね…汗

現在ニュースサイト(またはアプリ)においてYahoo!ニュースのシェアは約60%と言われています。

これだけのシェアを誇るニュースサイトで肝心の日付が抜けていたら勘違いする人が出てもおかしくないですよね…

筆者もこのように記事を書く仕事をしていますが、日付は無意識に入れています!(笑)

1年前のニュース、みんな当然覚えてるでしょ?とでも言いたかったのでしょうか…

とにもかくにも情報は正確性が命です。

分かり易くお届けして頂きたいものですね…

あとがき

いかがでしょうか?

今回はユーフォーテーブの脱税が2回目なのかという件についてご説明しました。

1回目だという事はお伝え出来ましたが、そもそも脱税は1回でもしてはいけませんよね。

真摯に反省して、今後のアニメ制作に注力して頂きたいものです。

それでは、今回はこの辺りで失礼します(^^)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA