鍵山優真の父は脳梗塞で左半身麻痺!車椅子生活を送りながらコーチの仕事をしていた。

鍵山優馬 父 正和 脳梗塞 脳出血 車椅子 後遺症 左半身 麻痺
スポンサーリンク

北京オリンピックに出場している鍵山優真選手が話題になっていますね。

お父様の正和さんと2人3脚でオリンピックに臨んでいる鍵山選手。

実はお父様の正和さんは脳梗塞(脳出血)で倒れた事があり現在も麻痺が残っているんだそうです。

今回はそんな鍵山正和さんの病状について調査してみました!

スポンサーリンク

鍵山正和さんのプロフィール

鍵山優馬 父 正和 若い頃

出典:https://www.nikkei.com/

名前:鍵山 正和(かぎやま まさかず)

生年月日:1971年4月12日

出身地:愛知県名古屋市

職業:コーチ

学歴:愛知工業大学名電高等学校

鍵山正和さんは現在息子である優真さんのコーチを務めています。

ご自身もフィギュアスケーターとして1992年にアルベールビル五輪、

1994年にリレハンメル五輪に出場しており12位・13位という好成績を残されています。

1994年のリレハンメル五輪を最後に現役を引退すると、

その後はプロに転向しインストラクターの仕事を始めました。

2002年に本田武史さんがご活躍されるまで日本の男子フィギュアスケート界を

牽引していた人物と言っても過言ではないでしょう。

2018年には脳出血を発症し入院していましたが現在は後遺症を残しながらも回復し、

現在は息子の優真さんと共に北京オリンピックに挑まれています。

鍵山正和さんの主な大会成績は以下の通り↓

鍵山優馬 父 正和 若い頃

若い頃の鍵山正和さん。

【国内大会】

  • 1988年 全日本ジュニア選手権 優勝
  • 1989年 全日本ジュニア選手権 優勝
  • 1990年 全日本シニア選手権 2位
  • 1991年 全日本シニア選手権 優勝
  • 1992年 全日本シニア選手権 優勝
  • 1993年 全日本シニア選手権 優勝 
  • 1994年 全日本シニア選手権 2位

【国際大会】

  • 1989年 世界ジュニア選手権 3位
  • 1992年 アルベールビル五輪 13位
  • 1994年 リレハンメル五輪 12位

 

鍵山正和さんは脳梗塞の病気を患っていた。

2018年6月23日、息子の優真さんがジュニアグランプリシリーズ派遣選考会で演技を終えた直後、

正和さんが急に倒れてしまいました…

鍵山優馬 父 正和 脳梗塞 脳出血

※正和さんが発症した病気について脳出血が正しいという情報がありますが、当記事ではテレビ番組で放送された情報を元に脳梗塞としています。

なんと脳梗塞を発症してしまったのです。

当時の状況を優真さんは以下のように語っています↓

鍵山優馬 父 正和 脳梗塞 脳出血

インタビューに答える優真さん。

「あまり状況が理解できなくて。気づいたらお父さんが病院にいた」と鍵山。父に直接指導を仰げなくなったため、もう一人のコーチで振付師の佐藤操に見てもらいながら練習する日々が始まった。こまめにジャンプの動画を撮っては正和にLINEで送り、返ってきたアドバイスをもとに練習を繰り返す。「良い報告をしたいとずっと思っていたので、お父さんがいなくても頑張れた」

日本経済新聞様より引用

これまで2人3脚で頑張って来たお父様が倒れてしまう不安な日々を過ごしていた事でしょうね…

しかし正和さんが戻って来るまではコーチ兼振付師の佐藤操さんに、

練習を見て貰いながら頑張っていました。

鍵山優馬 父 正和 脳梗塞 脳出血

正和さんが不在の間、佐藤操コーチに指導を依頼して練習に励んでいた優真さん。

悲しい出来事ではありますが正和さんの病をきっかけに優真さんは、

自分で出来る事は自分でやらなければと意識が変わったとお話をされています。

その結果、優真さんは2019年の全日本ジュニア選手権で初優勝を果たしたのでした↓

この出来事について正和さんは、番組の特集で以下のように語っています。

鍵山優馬 父 正和 脳梗塞 脳出血 鍵山優馬 父 正和 脳梗塞 脳出血

今まで正和さんに朝起こされて準備していた優真さんは自分で時間を管理するようになったと言います。

脳梗塞で入院してしまった正和さんは約半年で退院する事が出来ましたが、

2022年現在も後遺症が残ってしまっているとの事。

では、その後遺症はどのようなものなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

鍵山正和さんは脳梗塞で左半身に麻痺が残っている。

脳梗塞の発症から半年で退院した正和さんですが、現在も左半身には麻痺が残っているんだとか。

その為、右手で杖を持ちながら歩いている姿が度々見受けられます↓

鍵山優馬 父 正和 脳梗塞 脳出血 後遺症 車いす 杖

杖をついて歩く正和さん。

また、優真さんとお話をされている時も左手を上手く動かせていない事が分かりますね↓

鍵山優馬 父 正和 脳梗塞 脳出血

左手が上手く動かせない様子…

鍵山優馬 父 正和 脳梗塞 脳出血

左手が緊張して握り込んでいしまう『痙縮(けいしゅく)』という後遺症。

脳梗塞の後遺症として最も多くあげられているのが身体に残る麻痺です。

脳や神経などが脳出血や脳梗塞によって損傷されることで、麻痺が残ってしまうとの事↓

脳梗塞の後遺症(脳出血などを含む脳卒中全般における後遺症)にはいろいろな症状があり、日常生活に支障をきたしてしまうものがほとんどです。その中でも、多くの方が悩まされているのが運動や感覚に障害をきたす麻痺や言語障害、そして認知機能の低下です。

引用元:https://noureha.com/for_family/attention/aftereffect/

正和さんは左半身に麻痺が残っているものの言語障害は軽く、

認知機能の低下も見受けられないようです。

不幸中の幸いという事でしょうか…

大事に至らなかった事が、優真さんの活躍にも繋がっているという事だったのですね。

そんな正和さんは短い距離を移動する場合は右手で杖をつけば問題ないんだそう。

しかし長距離を移動する再には車椅子が必要なんだそうです。

 

鍵山正和さんは長距離移動の際には車椅子を使っている。

脳梗塞の後遺症で左半身に麻痺が残っている正和さんは長距離を移動する際には車椅子が必要で、

息子の優真さんが車椅子を押しながら移動する事もあるようです。

鍵山優馬 父 正和 脳梗塞 脳出血 車椅子 後遺症

長距離を移動する際は車椅子を使っている正和さん。

上の写真は初めて正和さんと優真さんの2人で海外遠征をした際の写真なのですが、

正和さんが乗る車椅子を優真さんが推している事が分かりますね。

きっと練習の際には正和さんが優真さんに厳しい言葉を掛ける事もあるでしょう。

しかし公私をしっかりと分けて練習では正和さんが優真さんをサポートし、

プライベートでは優真さんが正和さんをサポートする…。

昨今では珍しい理想の親子関係ではないでしょうか。

左半身の麻痺が残る中での指導に葛藤もあったという正和さん。

鍵山優馬 父 正和 脳梗塞 脳出血 後遺症 車椅子

心の中で抱えていた葛藤を吐露する正和さん。

しかしそんな心配をよそに息子の優真さんはメキメキと頭角を現し、

2022年には遂に北京オリンピックへの出場を果たすまでになりました。

病気を乗り越え決して諦めない正和さんの姿が、優真さんを強く育てたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

あとがき

いかがでしたか?

今回は鍵山優真さんの父、正和さんの病気について調査しました。

親子2人3脚で頑張る正和さんと優真さんの今後の活躍から目が離せませんね!

それでは、今回はこの辺りで失礼します(^^)

フィギュアスケート界を牽引する実力の持ち主だった正和さんの若い頃も要チェック!

鍵山優真 ・父(正和)の若い頃の実績が凄い!元フィギュアスケーターだった!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA