新浪剛史の評判がガタ落ちした?!45歳定年制発言に批判が殺到!

サントリーホールディングスの社長・新浪剛史氏に注目が集まっています。

新浪剛史氏と言えばサントリーの5代目社長として有名ですね。

そんな新浪剛史氏ですが、つい先日45歳定年制を提唱して批判が殺到しています。

そこで今回はそんなビックリ発言をされた新浪剛史氏の評判について調べてみました!

スポンサーリンク

新浪剛史氏が45歳定年導入を提唱して話題に

2021年9月9日サントリーホールディングスの新浪剛史氏が45歳定年制を提唱して話題になりました↓

新浪剛史

サントリーの5代目社長・新浪剛史氏

サントリーホールディングスの新浪剛史社長は9日、経済同友会の夏季セミナーにオンラインで出席し、ウィズコロナの時代に必要な経済社会変革について「45歳定年制を敷いて会社に頼らない姿勢が必要だ」と述べた。

jiji.com様より引用

 

45歳で定年とは驚きの発言ですね…

真意は他にあると思いますがら高齢化社会が進む日本で45歳を定年にすると働き手がいなくなってしまいそうです…(苦笑)

新浪剛史氏自身が既に62歳である事もあり、まずは自分が率先して辞めてみてはという声が世間から多く挙がりました。

そんな新浪剛史氏ですが、これまで世間からの評判は実力派として捉えられていたようです。

その理由は経歴を見ると一目瞭然でした。

 

新浪剛史氏の経歴

新浪剛史氏の経歴は次の通りとなっています↓

  • 1981年:三菱商事株式会社に入社
  • 1995年:株式会社ソデックスコーポレーション(現・株式会社LEOC)代表取締役就任。
  • 1999年:三菱商事株式会社生活産業流通企画部外食事業チームリーダー就任。
  • 2000年:同社ローソンプロジェクト統括室長兼外食事業室長就任。
  • 2001年同社コンシューマー事業本部ローソン事業ユニットマネジャー兼外食事業ユニットマネジャー就任
  • 2003年:株式会社ローソンの経営に専念するため三菱商事退職
  • 2003年:株式会社ローソン代表取締役社長兼CEO就任
  • 2014年:サントリーホールディングス株式会社顧問
  • 2014年:サントリーホールディングス株式会社代表取締役社長に就任

 

慶應義塾大学経済学部を卒業した新浪剛史氏は三菱商事へ入社します。

更には三菱商事に在籍中、ハーバード大学経営大学院を卒業されたとの事。

ハーバード大学経営大学院

ハーバード大学経営大学院

優秀な成果を上げて行った新浪剛史氏は、若干36歳という若さで(株)ソデックスコーポレーションの代表取締役に就任します。

その後は誰もが一度は利用した事があるであろうローソンの代表取締役社長兼CEOに44歳の時に就任。

それから約10年後の2014年に現在のサントリーホールディングスの代表取締役社長に就任されました。

36歳で初めて社長に就任されてからは常に一流企業で手腕を奮い続けておられます。

このような経歴があるからこそ新浪剛史氏の評判は実力派とされているのですね。

しかし、今回の45歳定年制発言で世間からはかなり厳しい声が挙がっています。

その一部を見てみましょう。

スポンサーリンク

45歳定年制発言で新浪剛史氏の評判はガタ落ち?!

世間の声を一部抜粋してみましたのでご覧下さい↓

https://twitter.com/mUrLfeIj3Yvinyu/status/1435983785477107716?s=20

 

サントリーの商品を買いたくなくなった、まず自分が辞めればいい等、かなり厳しい意見が多く挙がっていますね。

もし本当に商品を買う人が減り株価に影響が出れば、新浪剛史氏の評判はガタ落ちしたと言わざるを得ないでしょう…

輝かしい経歴をお持ちの新浪剛史氏ですが、2021年現在で既に62歳。

ご自身の経験を踏まえて45歳で定年をとおっしゃられているのかもしれませんが、その時とはもう時代が違います…

45歳定年制は新浪剛史氏がご自身に向けて行った発言だったのかもしれませんね。

あとがき

いかがでしたか?

今回は新浪剛史氏の評判について調べてみました。

45歳定年制発言で世間からは悪い評判が増えてしまいました。

今後どのような言動をされるのかが気になる所ですね。

新浪剛史氏の経歴や学歴については下の記事で更に細かくご紹介していますので是非ご覧下さい↓

新浪剛史の経歴が凄い!エグい学歴と3度の結婚歴にも驚愕!

それでは、今回はこの辺りで失礼します(^^)