野口祐太運転手の顔画像やFacebookは?世間からはかわいそうとの声が多数!

野口祐太 容疑者 運転手 顔画像 Facebook
スポンサーリンク

静岡県で発生した観光バス事故の運転手野口祐太容疑者に注目が集まっています。

野口容疑者は事故当時の状況についてブレーキが利かなかったと証言していますが…

では野口容疑者とは一体どんな人物なのでしょうか?

調査してみました!

スポンサーリンク

静岡県小山町の県道で観光バスが事故を横転する事故が発生

2022年10月13日、静岡県小山町の県道を走る観光バスが横転し1人が死亡、26人が負傷する事故が発生しました↓

13日正午前、静岡県小山町の県道で観光バスが横転し、1人が心肺停止となっているほか、重傷者などけが人が複数出ているとみられます。

静岡朝日テレビ様より引用

この報道に対して世間合からは以下のような声が上がっています↓

でも明らかに未熟さゆえの事故で、20代で観光バス運転手とか昔は考えられなかったからかわいそうに思う
怪我や亡くなられた方には申し訳ないけど経験浅いのに運転した事ない難易度の高いコースを任せられて悪意のある行動でも飲酒でもないのに、犯罪者のような扱いの報道は……可哀想だなぁ
観光バスのやつ、原因究明段階でこんな運転手が悪いみたいな報道のされ方しまくってるの見たら可哀想な気してくるな

世間からはかわいそうという声が多く上がっていますね…

26歳という観光バスの運転手としては経験の浅い若手に難易度の高いコースが割り当てられているという感じは否めません。

では、事故を起こしてしまった野口祐太運転手はどんな人物なのでしょうか?

調べてみました!

 

野口祐太運転手はどんな人物?

野口祐太 運転手 容疑者 顔画像

野口祐太運転手。

名前:野口 祐太(のぐち ゆうた)
住所:埼玉県日高市
年齢:26歳
職業:バス運転手
容疑:過失運転致死

2022年10月21日17:00現在野口容疑者の顔画像はこちらが一番分かりやすいものとなっていました。

野口容疑者は事故発生当の状況についてブレーキが利かなかったと証言をしており、

現在警察はタイヤやブレーキシステムなどを中心に詳しく調べ事故原因の解明を進めています。

また現時点での事故の原因は「フェード現象」ではないかとされており、

下り坂などでフットブレーキを使いすぎると走行中にブレーキが効かなくなる現象との事。

静岡県 小山町 観光バス 横転 事故 野口祐太 運転手 容疑者

事故発生時の状況。

事故原因がフェード現象であれば野口運転手がかわいそうという声にも少し納得ができますね…

 

スポンサーリンク

野口祐太運転手のFacebookは?

野口祐太運転手のFacebookについて調査を行いました↓

野口祐太 運転手 Facebook

Facebookの検索結果。

Facebookで検索をかけるとかなり多くのアカウントが該当します。

しかし警察が発表している住所である埼玉県在住のものは1件もありませんでした。

年齢が26歳と若い事もありFacebookはやっていないのかもしれません。

また合わせてinstagramやTwitterでも同様の調査を行いましたが発見には至りませんでした。

こちらに関しては引き続き調査を行って参ります。

 

野口祐太運転手にはどんな量刑が与えられる?

※画像はイメージです。

今回野口容疑者は過失運転致死の容疑で逮捕されました。

このまま容疑が確定するとどのような量刑が与えられるのでしょうか?

過失運転致死罪の法定刑は?
(過失運転致死傷)第五条
自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、七年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。引用元:https://xn--u9j691ga24b91k2ymuvkvu3g.jp/know/rp/ksm-64

7年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金に処するとありますね。

事故の原因がフェード現象であれば運転経験の少ない野口容疑者に全ての非があるとは言えないのではないでしょうか。

管理していた会社側も何らかの責任を負う可能性があるのではないかと考えられます。

※あくまでも筆者の予測によるものですので予めご了承下さい。

スポンサーリンク

あとがき

いかがでしたか?

今回は静岡県小山町で発生した観光バス横転事故の野口祐太運転手について調査してみました。

今後どのような検証結果が出るのか注目しておきたいですね。

それでは、今回はこの辺りで失礼します(^^)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA